恋愛・結婚

20歳の元アイドルと47歳の元オタク夫婦を直撃「交際時に誓約書を書いていた」

 アイドルにとってオタクの存在は、あくまで“いちファン”に過ぎない。一方、アイドルに本気で恋愛感情を抱く「ガチ恋」と呼ばれるオタクもいるが、決して結ばれることのない関係性だ。  しかし、そんな常識を覆す夫婦が今、TikTokで話題を呼んでいる。その名も「ともえとみっちゃん」。フォロワー数は25万人を超える。
みっちゃんともえ

交際からわずか11ヶ月でゴールイン。入籍当初の写真。みっちゃんは実年齢よりも若く見える。アイドル時代のともえさんは、みっちゃんのメガネ姿にときめいたのだとか

 元アイドルのともえさん(20歳)は、2020年に元オタクのみっちゃん(47歳)と結婚。年の差は27歳。一体どんな風にして結婚まで至ったのか? 交際当初には「誓約書」を書いていたのだとか……。

パフォーマンスに圧倒されて…

 2人の間に多くの壁が待ち受けていたことは想像に難くないが、まずは交際のきっかけから振り返る。ともえさんが17歳、みっちゃんが44歳の頃だ。    「当時わたしは大阪で活動をしていました。みっちゃんはもともと他の子を推していたんですけど、私がグループに加入したことで推し変(※)して、ライブへ頻繁に会いに来てくれるようになったんです」(ともえさん) (※)“推し”の相手を変えること  みっちゃんは、なぜ推し変してまでともえさんを追いかけるようになったのか。ともえさんを見た瞬間、「光る原石を見つけたような気持ちになった」と話す。 「元々彼女は『候補生』と言って、以前はグループのサブメンバーにいたんです。ステージデビューのときに彼女を初めて見て、びっくりしました。新人なのにパフォーマンスがすごいなと。見た目も可愛らしかったので“自分が推すしかない!”と思いましたね」(みっちゃん)  それからは毎週のように大分から大阪へ通うようになったそうだ。

彼のいない客席は「物足りない」

 みっちゃんはライブやイベントにも足を運びつつ、ともえさんの「ライブ配信」も欠かさずチェックしていた。配信を通じて何度もコミュニケーションを取っていくうちに、ともえさんはみっちゃんに惹かれていった。 「みっちゃんは他のオタクと違って、“頼れるオタク”でした。他の人には言えないような悩みもよく聞いてもらっていました。とあるライブで、みっちゃんが来なかった時があったんです。いつも来ているのにおかしいなぁって……ステージ上から姿を探しました。みっちゃんのいない客席は、なんだかいつもより物足りなく感じて。その時に『もしかしたら好きなのかもしれない』と意識するようになりました」(ともえさん)  ともえさんはだんだんと気持ちが抑えられなくなり、「好き」と伝えることに。まさかアイドルから告白されると思わなかったみっちゃんは……。 「あくまでオタクなので、『好き』って言われてもオタクとして好きなんだろうなと思っていたんです。それが、一人の男の人として好きだと言うんで……じゃあ付き合おうって僕から言いました」(みっちゃん)  ともえさんの一言がきっかけで交際はスタート。それと同時にともえさんはアイドルも卒業したのだ。
次のページ
友人からは「騙されてんじゃないの?」
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白