恋愛・結婚

「“いい出会い”はあるのに、ずっと結婚できない男性」に共通している特徴

 皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

婚活がうまくいかない男性に欠けている視点

山本早織

山本早織

 婚活をするうえで、絶対に忘れてはいけないのが「自分の市場価値を知る」ということ。ここを見て見ぬふりをしている人はとても多くいます。  事実を知らないがために、意地悪な女子に思わせぶりな態度をされて、本当の恋だと勘違いしてしまったり、自分に合った市場ではない場所で頑張り続けたり……当然、思ったようにうまくいかずフラストレーションを溜め、自分に自信がなくなってしまいます。  今回は自分の市場価値を知る重要性と知ってからどのように戦略を立てることが効果的かについてお伝えします。企業のマーケティングでもそうですが、まずはその商品の市場価値を知るために市場を調査していきますよね。

「恋愛市場のピーク」を予想して行動

“いい出会い”はあるのに、ずっと結婚できない男性 私自身、20代の時にはマーケットを意識して恋愛をしていました。20代前半のときにはどんな合コンに行ってもチヤホヤされていました。が、20代後半になると、「合コンに誰かを連れてきて」と頼まれるようになりました。  私がしていた合コンのお相手男性が若い女性を好きな層だったというのもあると思いますが、私自身、20代後半でこの市場での価値は下がっているんだと強く実感したのです。  ちょうど同じ時期、26歳で銀座のホステスになった際、生まれて初めての水商売でシャンパンの名前もわからない童顔の私は、その市場ではトップの市場価値でした。  合コンの市場では価値が下がったけど夜の市場では価値が上がった。この経験から、女性の恋愛市場の価値は28歳がピークだと予想を立て、そのときにいちばん愛してくれる人で手を打とうと決め、今の旦那さんがいます。
次のページ
27歳女性にフラれた42歳男性の婚活
1
2
3
4
おすすめ記事