エンタメ

SKE48ドラフト1期生が10周年ライブを回顧「あの日のことを思い出したら頑張れる」

 2023年11月にグループ加入10周年を迎えたSKE48ドラフト1期生の松本慈子、荒井優希、福士奈央。同年12月17日には10周年を記念した「SKE48 ドラフト1期生 10周年記念LIVE KAWAII♡どらいち♡FESTIVAL ~ずーっとだいすき!~」を、東京・サンリオピューロランド内のフェアリーランドシアターで開催した。  通常のオーディションではなく、2013年に開催された最初の「AKB48グループ ドラフト会議」でSKE48の各チームから指名されグループに加入した3人。ライブは、同じくドラフト会議で指名されAKB48で活動する下口ひなな(※2024年2月卒業予定)もアンコールにサプライズ出演し、現役のドラフト1期生4人が揃うなど、大きな盛り上がりを見せその幕を閉じた。  そこで、ライブから約2週間経った2023年末、松本、荒井、福士にリモートでインタビューを行い、ライブに込めた思いや印象的だったシーン、さらに11年目の抱負などを聞いた。
SKE48ドラフト1期生が10周年ライブを回顧「あの日のことを思い出したら頑張れる」

松本慈子 © 2024 SANRIO CO., LTD. TOKYO, JAPAN S/D・G  著作 株式会社サンリオ

■「本当に幸せな1日でした。」

――ライブから約2週間経ちました(※取材時)。まずは改めてライブ全体を振り返っての感想を聞かせてもらえますか。 松本慈子(以下、松本):この3人だから笑顔で始まって笑顔で終わるんだろうなと思っていたんですけど、2人の顔を見たら10年頑張ってきた思いや気持ちが全部よみがえってきて泣いちゃいました。みんな頑張っているのであんまり頑張ってるとか言いたくないんですけど、この日だけは本当に10年間頑張ってきてよかったなって思えましたし、ファンの方は味方なんだなって改めて感じられて、本当に幸せな1日でした。 荒井優希(以下、荒井):私たちだけの衣装とセットリストがあって、私たちを見たくて集まってくださる方がいる、本当に私たちだけのライブでした。今私たちのことを応援してくれている方はもちろん、昔ドラ1を推してたって方も集まってくださって、二度とないような最高のライブになりました。一生忘れられない思い出になって、ドラ1でSKE48に入ってよかったなって思いました。 福士奈央(以下、福士):「今年一番の大きな出来事は?」って聞かれたら毎年ライブと答えるくらい、私の中でライブは大きなものなんですけど、10年間やってきた中でも一番忘れられないライブになったなって思いました。今後つらいことがあってもあの日のことを思い出したら頑張れそうだなってくらい、前向きな気持ちになれる本当に幸せな1日だったので、忘れることはないだろうなって思います。
SKE48ドラフト1期生が10周年ライブを回顧「あの日のことを思い出したら頑張れる」

福士奈央 © 2024 SANRIO CO., LTD. TOKYO, JAPAN S/D・G  著作 株式会社サンリオ

――会場はサンリオピューロランドでしたけど、どういった経緯で決まったんでしょうか。 松本:元々私たち3人が「10周年で何かやりたいです」ってスタッフさんに言いに行って、何をしようか話し合って、初めの案はバスツアーだったんですけど、そのほかにもいろいろみんなで考えていたときに、優希ちゃんが「ピューロランドは?」って言って。その一言からスタッフさんたちが頑張って実現してくださりました。
SKE48ドラフト1期生が10周年ライブを回顧「あの日のことを思い出したら頑張れる」

荒井優希 © 2024 SANRIO CO., LTD. TOKYO, JAPAN S/D・G  著作 株式会社サンリオ

――荒井さんはピューロランドがライブ会場として使えることは知っていたんですか。 荒井:何も知らなかったです(笑)。(2023年1月の)「Hello Music Festival サンリオキャラクターズ×48GROUP inパルテノン多摩」に3人共出させてもらっていて、またできたらいいなっていうのもあって、たまたま思いついただけで。
次のページ
10周年記念LIVEに込めたこだわり
1
2
3
4
おすすめ記事