エンタメ

フィリピンのコスプレアイドル「貞子のコスプレもやってますから」

アローディア

前回記事では『まどか☆マギカ』のコスプレなどを披露してくれた

 先日、日刊SPA!で紹介したところ、異常なまでの反響を呼んだフィリピン出身のコスプレアイドル・アローディア。今回はゴメス記者が、そんな彼女への直接接触に成功。フィリピンに帰国間際のいそがしいさなか、凸撃インタビューを敢行した!

――ナイスチューミーチュー! ミス・プリティー・アローディア!!(と握手を求める)

 コンニチワ……。(と握手をしてくれる。ちょっとはにかみ気味)

――今回、日本にはどのくらいいたの?

 ん~っと……、一週間くらい、デスね。(以下、通訳を通して)

――楽しかった?

 ハイ。とっても。東京ゲームショウに出演させていただいたり、いっぱいのお客さんが観に来てくれて、とても感謝してマス。また何度も来日して、もっと日本の皆さんとディスカッション(=情報交換)できる機会がほしいデス。

――来日中、ほかはどんなところに行ったの?

アローディア

元気いっぱいにインタビューに答えてくれたアローディア

 渋谷109には何回も行っちゃいました(笑)。シブヤ・ファッションって、私たちからみたらコスプレみたいで、すごく勉強になる。カツラもいろんなお店に見に行って、買いだめしちゃった。ジャパニーズ・ウイッグは、とにかくクオリティが高い! ここまでいろんな種類のめずらしいモノは、母国じゃなかなか買えないから。あと、(渋谷駅の地下にある)フードショーとか……。モチロン、アキバにも行きましたけど、まだまだ行きたりない(笑)。今度来たときは、ゼヒゆっくりとまわりたい。それに、(お台場の)ガンダムフロントにも次は行きたいな……。

――食べ物は美味しかった?

 銀座のおスシに連れて行ってもらいました。イクラとアナゴ、とってもオイシかったデス!

――日本が好きになったのは、いつごろから?

 7歳のときでしたネ。アニメの『セーラームーン』を、テレビではじめて観て、ビビッときました!

――今、好きなのは?

 もう古いのかもしれませんけど、コミックの『デスノート』は大変よくできた作品だと思うので、ハマっちゃって今、何度も読み返しています。ストーリーがむずかしいですしネ(笑)。それに、これもアニメじゃないんですけど、『SA・DA・KO』とか?

――貞子……ですか? むっちゃマニアックじゃないですか(笑)!

 そんなこと全然ないヨ。フィリピンでもベリーフェイマス! 誰でも知ってる。ワタシ、SA・DA・KOのコスプレもやってますから、一度YouTubeとかでチェックしてみてクダサイ!

――アローディアちゃんのコスプレに対するこだわりは?

 コスプレは安っぽくみえるのが一番ダメ! あくまで見ている人のことを考えて、徹底的にこだわりまくる。そのためには、いっけんお金のムダ使いだとも思えるものだって、どんどん買ってみて、試してみるべきだと思いますネ。

――では日本の日刊SPA!読者に、最後のひとことを!

 今度は年末に来日する予定ですので、そのときは皆さんと、いっぱいお話できたらウレシイデス

 ありがとうございました! ボク、絶対どこでも飛んで行きますよ~!

【ALODIA GOSIENGFIAO(アローディア・ゴセンフィアオ)】
’88年3月9日、フィリピン・マニラ生まれのコスプレイヤー、フィギア&ドールコレクター、モデル、アーティスト。身長:165㎝ 特技:ピアノ、歌 言語:英語、タガログ語
世界中のコスプレイベントやアニメ大会に多数参加し、今年9月に念願の初来日を果たす。ただいま日本語特訓中!
●HP (http://www.alodiagosiengfiao.net
●Facebookページ(http://www.facebook.com/AlodiaGosiengfiao

山田ゴメス【山田ゴメス】
1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。日刊SPA!ではブログ「50にして未だ不惑に到らず!」(http://nikkan-spa.jp/gomesu)も配信中。現在「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系列)(http://www.ntv.co.jp/99answer/)に“クセ者相談員”として出演。『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)も好評発売中!

1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)、ツイッターアカウント@gomes12081




おすすめ記事