恋愛・結婚

思わずキュン! 夫婦仲が再燃する“お買い物ゲーム”

恋愛当初のドキドキ感も今は昔。既婚男性の大半は、嫁に対して「恋人」ではなく「家族」という意識を強く持っているもの。家族、母親、同居人としてしか見れなくなった「嫁」を、どうすれば「女」として好きになれるのか。いきなりのセックスレス解消はハードルが高いが、もともとは好き合った者同士。トキメキ復活のアイデアは身近なところにあった。

◆若妻が考え抜いて購入した逸品たちを見て、ニンマリ
<杉山隆さん(仮名・35歳)玩具メーカー/結婚歴3年>

嫁 玩具メーカー勤務の杉山さん。半年の交際期間を経てゴールインし、今年で結婚3年。会社勤めを経験せずに家庭に入った奥さんは、まだ25歳という若妻だ。

「一緒にいても退屈で……。付き合った当時は思いませんでしたが、9歳も離れていると価値観も共通の話題も……」

 これといった趣味のない若妻がソファでゴロゴロしている姿を見ると、無性に腹が立ったそうだ。果たして打開方法とは?

「1年ほど前から、生活費やお小遣いとは別に、月の初めに1万円を渡し、『二人のためになるようなものを何でもいいから買ってきて!』という“お買い物ゲーム”をスタートさせました」

 真意がわからず、ポカンとする奥さんが初回に買ってきたのは5000ピースのパズル。聞けば、「一緒に遊びたいから」との答え。自分が喜ぶものを選ぶ嫁の姿を想像してキュンとしたという。

 それ以降は、お揃いのパジャマ、日曜大工用の工具一式、遊園地のチケットというラインナップ。

「自分のために考えて選ぶ」という姿に、愛が深まっていくそうだ。

― 嫁をもう一度「好き」になる技術【3】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事