ライフ

「帰るか、離婚か?」家出するおじさんの胸中、密着ドキュメント

 “いい大人が”と非難されるかもしれない。しかし今、妻子持ちで稼ぎもある中年男性の家出が増えている。別居や離婚ではなく、なぜ彼らは家を飛び出したのか。家出経験者や、家を出たまま自宅に帰っていない中年男性を直撃。その胸中に迫る。

逃げる勇気が誰かを救う!? 家出に救われたオジサンたち

▼CASE1:水沢良行さん(仮名・38歳)

 妻と6歳の娘があり、ホテルマンとして働く水沢良行さんは、仕事と家事・育児両立のストレスから精神的に追い詰められ、’19年の6月、2週間に及ぶ家出をした。
家出するオジサンの胸中

水沢良行さん(仮名・38歳)

「家では育児と家事に追われ、職場ではお客さまのクレーム処理で7時間近くの残業が当たり前。3年前に妻が職場復帰してからずっとそんな生活です。共働きなので家庭のあれこれは分担していますが、僕が完璧主義な性分だからか、神経は張り詰め、些細なことですぐキレるようになっていました。そんなある日、喧嘩の勢いで妻に手を上げてしまったんです。それでも怒りが収まらず、娘の前で玩具を蹴って壊してしまいました」  むせび泣く妻と泣きじゃくる娘。水沢さんは逃げるように家を飛び出し、近くの公園まで走った。 「虐待やDVなどで家族に危害を加えるよりマシだと、そのままビジネスホテルに向かいました。『しばらく帰らない』と妻にLINEを送りましたが返事はなく、僕もその一通しか送っていません」  ホテルに1週間滞在した後、金銭的に厳しくなり、残りの1週間を漫画喫茶で過ごした。「一人になれて心が軽くなりました」と言うように、働きアリとイクメンという、社会が男性に求める圧力に水沢さんは苦しめられていたようだ。妻子の元に戻った後に訪れた病院では、うつ病と診断された。仕事のストレスや家族に手を上げた自分への失望感が原因らしい。 「家族への後ろめたさや、また家族に暴力を振るうのではという不安もありますが、それでも家庭を守りたいという強い思いが芽生えたので戻ることにしました」  現在も定期的に通院し、薬を服用している。 「いつ職場をクビになるか。先の見えない未来が辛い」と、うつろな表情の水沢さん。 「もう二度と家出をしないと誓えたらなあ」と、水沢さんはため息交じりにつぶやいた。

▼CASE2:小久保隆行さん(仮名・46歳)

 11歳の長男があり、食品卸売会社で部長を務める小久保隆行さん。’17年10月の転職を機に妻の実家で義父母との同居生活をスタートさせた。しかし、’19年の2月末に息子を連れて家を出たきり、自宅にはいまだ戻っていない。
家出するオジサンの胸中

小久保隆行さん(仮名・46歳)

「過干渉な義母とはもともと相性が悪く、義父が仲裁役をかってくれたおかげで何とかやっていけてました。ですが、その義父が2年前に急逝。以降、『ハムスター以下の存在』『話すとバカがうつる』など、義母から連日罵声を浴びせられるように。私にだけならまだしも、息子に私の悪口を言い始め、ついには『私の家だから出ていけ』と敵対心を露わにしだしたんです」  そこで長男を連れて家出。短期賃貸マンションに身を寄せた。 「息子には妻から連絡があったようですが、私にはなかったのでこちらからは連絡していません。義母との険悪な日々から解放され、息子と笑い合う日が増えました」  1か月がたち、義母も反省しているだろうと思い、家に戻るつもりだったが、「義母と一緒は嫌だ」と息子が涙目で訴えてきた。 「妻に転居を提案しましたが、義母への私の態度が気に食わず同居を拒まれました。妻と息子は仲良しなので、週末は私が借りている実家近くのマンションに来て、家族で過ごすことが多いですね」  息子との2人生活がすでに1年近く続いている。 「家事・育児の厳しさを知り、妻に優しさを抱けるようになりました。また、私もこの年で再婚相手が見つかる保証はないので離婚は考えていません。むしろ、一緒に暮らしたいですね。でも、息子が私立中学に通うとなると、学費の面などから義母と同居することになるかもしれません」  小久保さんの胸中は複雑だ。 「家出をして妻の気苦労が身に沁みます。今は息子と2人で住んでいますが、いつでも家族全員で住めるように4DKの部屋を借りました」  小久保さんの願い、いつか叶ってほしい。
次のページ
プチ家出を繰り返すケースも
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事