お金

日経新聞の連載コラム『私の履歴書』を投資に活かせ

日経新聞の読み方一つで必勝銘柄がわかる先読み投資法をSBI証券のシニアマーケットアナリストの藤本誠之氏が伝授する! ⇒【前回】「法制度の変更が狙い目」 https://nikkan-spa.jp/578332 ◆日経新聞の掲載広告や連載コラムにも注目 必勝銘柄, 日経平均 日経新聞の各記事の見出しに目を通したら、次に注目すべきは日経新聞に掲載されている広告だ。 「目を引く企業広告が出ると、その日は株価が上がりやすい」  例えば、1月7日付の日経新聞で藤本氏が注目したのは、眼鏡店を展開するJINSの広告だった。  日経平均がジリ下げするなか、この日、JINSを展開するジェイアイエヌ(3046)は前日比235円高だった。 「前日には既存店売り上げ26%ダウンの発表があり、本来なら同日の紙面に載るべき記事ですが、大きく取り上げられませんでした。全面広告の出稿元だから配慮したのかもしれない。結果、株価にも影響を与えませんでしたしね。そういう見方であれば、日経新聞の連載コラム『私の履歴書』も注目です」  1か月おきに著名人が登場し、半生を振り返る文化面掲載の人気コラム。月末日に出る予告の『明日からは○○さんです』の会社は買いの可能性が高いという。 「情報が集まる日経新聞の連載中に不祥事が起きたり、業績が悪化したりしたら、日経新聞のメンツが立たない。当然、そうした心配の少ない会社の経営者を選んで連載させますよね。そういう意味で、同コラムに掲載される期間は『悪材料は出ない』という日経新聞のお墨付きなわけです」  通勤時間のほんの15分、日経新聞をこのような読み方で目を通せば、株の見え方も投資のスタイルもガラりと変わるはずだ。 <日経新聞5つの読むべきポイント> ・総合1面で企業名入り好材料は短期的には売り! ・連載「私の履歴書」に登場する企業はお墨付き ・原料価格「高騰/下落」記事から関連商品を予測 ・掲載される広告記事から業界のトレンドがわかる ・後追い/リーク記事は材料出尽くしの可能性大 【藤本誠之氏】 SBI証券シニアマーケットアナリスト。日経から見つけた注目銘柄をSBI証券やヤフーファイナンスで毎朝更新。「藤本が言えば、上がる」といった動きも散見されるほどの注目度だ 取材・文/高城 泰(ミドルマン)図版/ミューズグラフィック ― たった15分 日経新聞[先読み] 儲ける投資法【3】 ―


ハッシュタグ




おすすめ記事