雑学

エアマックス、ルーズソックス…’90年代の流行が再燃中

「流行は繰り返される」という。確かに我々が幼少期にハヤっていた事象&アイテムが、あるものはかたちを変え、またあるものはそのままのかたちで注目されている。そこで、再ブレイクの仕組みとその魅力を紐解いてみた!

◆微妙に違う? 着こなしに要注意!
<エアマックス、ルーズソックス、ケミカルウォッシュほか>


 定期的に同じアイテムのブームが回ってくるファッション業界。

「現在は’80~’90年代前半の流行が再燃中です」と話すのは、ファッションエディターの大内康行氏。

「メンズでは一昨年に『POPEYE』がリニューアルし、シティボーイ特集を行ったことが一つのきっかけになりました。スニーカーでは昨年ニューバランスが大流行し、最近はナイキの’90年代前半までのスニーカーが流行中です」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=625942

 カーディガンの「プロデューサー巻き」も街中で多く見かけるようになった気がするが……。

「レディースではオシャレな人が数年前から取り入れていて、メンズで大きなブームになったのは昨年。今年は巻き方などにもバリエーションが増えています。ケミカルウォッシュなどもレディースの一部では流行の兆しが見えますが、メンズではまだ早いでしょうね」

ルーズソックス

私服とルーズを合わせた例。「ローファー、スカートと合わせるルーズソックスよりボリューム感のないものを選んだほうがバランスよく見えます」(安部氏)

 ’90年代半ばに大流行したルーズソックスにも新たな動きが。

「女子高生の間では、紺のハイソックスの上にルーズソックスを重ねる『2枚ばき』が近年広まっています。そして昨年には、ギャルの間でスポーツミックスコーデが流行。靴下にも注目が集まり、ルーズソックスを私服に取り入れる動きも生まれました。膝丈のスカート、厚底ブーツorスニーカーと合わせるのが定番です」

 そう話すのは『ガールズ・リサーチ・プレス』編集長の安部舞紗氏。なお私服と合わせる場合はボリュームの小さいものをはくのが普通とのこと。ブームが再燃することで、はき方も変わったわけだ。

「ブームが再燃しても、着こなしのシルエットはタイトになっています。フライトジャケットのMA-1やスタジャンもブーム再燃中ですが、実家にあるものを引っ張り出しても、やはり今っぽくは着れません」(大内氏)

★再燃のワケ
雑誌のリニューアルでシティボーイに注目が

<年代別の主な流行ファッション・ブランド>

●1980年代後半「ケミカルウォッシュ」
●1991年「ボディコンスタイル(ジュリアナ東京などが隆盛)、60年代リバイバル」
●1992年「アニエスb.、エアジョーダンVII(バスケ関連モノの人気)※’90年代半ばにはエアマックス狩りが頻発」
●1993年「DJ、スケータースタイル、ボーダーファッション」
●1994年「ストリートファッション」
●1995年「プラダ、チビT、へそ出しルック」
●1996年「アムラー、コギャルブーム、ルーズソックス(男子高生は腰ばき)」
●1997年「裏原系スタイル」
●1998年「ヴィジュアル系、厚底靴」
●1999年「ヤマンバファッション、フォークロア系」
●2000年「ユニクロなどファストファッション人気、アウトレットモールの拡大」

【大内康行氏】
1976年生まれ。ファッションエディター/ライター。『月刊BOON』で編集者兼ライターとして参加後、現在はメンズ・レディースのファッション誌を中心に活躍中

― ’80~’90年代[懐かしのブーム]が再熱する理由【2】 ―




おすすめ記事