雑学

この春、「ルーズソックス男子」が流行の兆し

メンズファッションのバイヤーMB氏

メンズファッションのバイヤーMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理屈があるんです」が持論

 メンズファッションのバイヤーMBです。洋服の買いつけという本業の傍ら、ブログやメルマガで「オシャレの正解」について発信していたところ、こちらで執筆させていただくことになりました。連載第13回目をよろしくお願いします。

 90年代女子高生の間ではやった「ルーズソックス」。クシャクシャっとたるみのついたボリューム感ある「ルーズな」ソックスの総称です。当時の女子高生は皆ルーズソックスを履いていたのですが、これが20年の時を経て、なんと今「メンズ」で復活しているというから驚きです。今回はその「謎」に迫ります。

足が細く見えることから人気となった90年代のブーム

 そもそも90年代にルーズソックスがはやったのはなぜなのか? それは通常のソックスよりも断然「足が細く」見えるからです。「ボリュームのある太いソックスなんだから、足は太く見えるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実は逆。ボリュームのあるソックスを履いているからこそ、対比で露出している足を細く見せる効果があるのです。たとえば、女性に人気だった「ムートンブーツ」も同じ理屈で、ボリュームのあるものを上手に使えば、視覚効果でグッと細く見せることができます。当時の女子高生はそんなことを意識せずに、「ただカワイイから」という理由ではいていたのかもしれませんが、ルーズソックスの流行にはちゃんとした理屈があったんですね。しかし今回のメンズのルーズソックストレンドは、何も「細く見せたいから」ではありません。

品よい細身デニムに野暮ったさをプラスする

 ここ数年のメンズファッションのトレンドは「キレイめカジュアル」です。ラフなデニムを使ったアメカジスタイルや、ダボダボのパンツを腰穿きしたルーズスタイルではなく、スキニーなどの細身ボトムに無地ニットなどを使ったキレイな品よいスタイル。しかし、ファッションで一番大事なのは「バランス」ですから、完璧にキレイすぎるスタイルは「キメすぎ」です。どこかに「カジュアルさ」や「野暮ったさ」を入れる必要があります。近年はやった「野暮ったさ」をプラスしたスタイルといえば、半端な丈のパンツを使った「靴下チラ見せ」があります。キレイな細身ボトムやテーラードジャケットなどの足元に、本来見えてしまったら「野暮ったい」「ダサい」はずの靴下をチラリと見せるスタイルのことです。

 これは渋谷・原宿などの「ファッション中心地」のみならず、全国的に流行が波及し、今やどこの都市でも20~30代の若者の足元は、靴下チラ見せが流行しています。当初はマイケル・ジャクソンが履いているような、ツルっと綺麗な無地ソックスなどが好まれたりもしましたが、ファッション感度の高い男性は「それでは野暮ったさが足りない」と言わんばかりに、より「ルーズな」ルーズソックスを手に取るようになりました。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=804699

再びルーズソックスが流行の兆し!ただしメンズに限る「ルーズソックス」と言っても90年代の女子高生が履いていたようなダルダルのものではなく、少しだけルーズなシルエットになる「プチ・ルーズソックス」です。履いてみるとこんな感じになります。

再びルーズソックスが流行の兆し!ただしメンズに限る ちょっとたるみのある足元がいい感じに「野暮ったい」。細身の綺麗なスタイルに野暮ったい足元の印象がプラスされて、「こなれた」雰囲気になります。

今後も増えるであろうルーズソックス男子

 靴下専業のショップとして有名なtabioではメンズ用のルーズソックスを昨年の春頃からリリースし、現在も複数型展開しています。なかなかの人気で、同社でもまだまだ販売数を伸ばす意気込みの模様。また、海外コレクションなどでもメンズにルーズソックスが使われていることから、流行は続くものと思われます。「男性がルーズソックス!?」と思ったかもしれませんが、ちゃんと流行には理由があるのです。この春さらに多くなるであろう「ルーズソックス男子」、注目です。 <文/MB>

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(http://www.neqwsnet-japan.info/)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(http://www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。現在、自身のブランド「MB」の立ち上げに奔走中。秋には書籍を扶桑社より上梓する予定

ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』はベストセラーに。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中!
最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版




おすすめ記事