マネー

「LINE上場か?ライブドア事件を思い出そう」藤沢数希氏

先日、「LINEが11月にも上場する」と報じられ、大きな話題となった。上場が実現すれば今年最大規模のIPOとなる見通しで、時価総額は1兆円以上になるとみられている。LINEの親会社は韓国のネット大手NAVERで、ライブドアを買収した経緯がある。

◆LINEが11月にも上場か?今年度最大のIPOになる見通し。ライブドア事件を思い出そう(人気ブログ「金融日記」管理人 藤沢数希氏)

藤沢数希氏

藤沢数希氏

 この原稿を書いている時点では、まだ正式な発表はないが、複数のメディアが「LINEが東証に上場申請をした」と報じている。早ければ今年の11月にもIPOが行われる見通しだ。LINEの時価総額の目安だが、類似サービスで世界シェア第1位のメッセージングアプリであるWhatsAppを、米Facebookが190億ドル(約2兆円)もの巨額で買収することから、この金額が比較対象になっている。

 LINEはスマートフォンの普及とともに爆発的にユーザー数を獲得し、現在国内5000万人、世界では4億人を超えている。対するWhatsAppは、アクティブユーザー数が約4億5000万人程度だといわれている。単なる登録ユーザー数とアクティブユーザー数を直接比較はできないが、WhatsAppが2兆円なら、LINEが1兆円でもおかしくはないだろう。

⇒【LINEの登録ユーザー数の推移】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=689239


LINE

’14年4月2日、LINEは4億ユーザー達成を発表した。年内にも5億ユーザーを達成する見通しだ(出所:LINE株式会社)

 上場するのはLINEアプリとポータルサイトなどを運営するLINE株式会社という日本法人なのだが、親会社は韓国最大のインターネットサービス会社のNAVERである。そして、NAVERが日本での事業を展開するために’10年に買収したのが、あのライブドアなのだ。そのときの金額はわずか63億円であった。

 当初は、NAVERの主力事業である検索エンジンを日本で普及させるためにライブドアのポータルサイトを利用しようとしていたのだが、同社の日本法人がつくったLINEが爆発的に日本で普及し、当初の検索エンジンのビジネスは忘れ去られることになった。

⇒【後編】「LINEアプリだけの虚業が高く評価されるのか?」に続く http://nikkan-spa.jp/689183

【藤沢数希氏】
欧米の研究機関にて博士号を取得。その後、外資系投資銀行に転身。ブログ「金融日記」は月間100万PV、ツイッターのフォロワーは8万人を超える。最新刊『外資系金融の終わり』が発売中

外資系金融の終わり

それでも明るい金融の未来




おすすめ記事