雑学

アベノミクスで「中古ゴルフクラブ」が安くなった理由

「消費増税で物価は上がったのか」というと、答えはイエス。しかし家電を筆頭に、実は増税分以上に値下がりしている品は少なくない。自動車、パソコン、スマホなど、各業界特有の事由とも相まって、狙い目の中古品が多数溢れているという。増税後の今だからこそ、買い方にはコツがあるのだ。価格動向に敏感な販売員などにお買い得中古品を聞いた。

<ゴルフ用品>14本セットで3万円以下!
◆アベノミクスで高所得者が新品をガンガン購入!


ゴルフ

ゴルフクラブの14本セットが、安いものでは2万9800円。パターが入ってないこともあるが、3万~4万円で十分!

 アベノミクスの影響が顕著なゴルフ市場。2年連続でプレーヤー人口が増加するゴルフ業界でも激安の波が訪れているという。ゴルフ誌ライターのT氏はこう話す。

「アベノミクスの恩恵を受けている高所得者層が、ガンガンに高額な新製品を買っていて、手持ちのクラブを売りに出しています。おかげで、質のいい中古クラブが激安で出回っているんです。新たに始めようか迷っている人は、絶好のチャンスですよ!」

 また、某ゴルフ誌編集者のN氏は次のように話す。

「好景気による株価上昇とともにゴルフ会員権も高騰していますし、単純に増税でプレー料金、ガソリン代なども概ね値上がりしていますね。そこで初心者が手を出しやすいのが中古クラブです。ドライバーはチタンヘッドのような画期的な新素材開発がしばらくない状態にあります。アイアンも同様で、2~3年前の型落ち品でも何ら問題ありませんよ」

 実際に都内中古ショップを巡って覆面調査したが、一流ゴルフメーカーの中古フルセットが3万円、中古美品ドライバーも一本3000~4000円程度と投げ売りされていた。店員にも話を聞いた。

「クラブを買い替えるお客さんが増えていますね。2年くらい前の超人気モデルのフェアウェイウッドやユーティリティが1万円台で買えます。あと石川遼くんブームのときに大量生産されたクラブなんて一本1000円とかで売っています。もちろん性能には問題なし。実は店としてこの価格は赤字なんですけどね」

 メーカーが新作を発表する9~10月は売り手が多く、さらにマークダウンになるとか。

「個別に買ってメーカー統一にこだわらなければ、3万円程度で良質なフルセットも揃います。初心者はクラブを潰したら、中古品を買い足せばいいでしょう」

 貴族の嗜みであるゴルフも、上手に中古品を使えば安くできる!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=696949

取材・文・撮影/お買い得中古品取材班
― 中古品ベストバイ【6】 ―




おすすめ記事