エンタメ

モー娘。道重さゆみ、ラスト武道館に感無量…12期生のお披露目も

 9月30日、日本武道館にて「モーニング娘。’14 コンサートツアー秋 GIVE ME MORE LOVE ~道重さゆみ卒業記念スペシャル~」が行われた。

 コンサートは道重さゆみが参加するラストシングルの表題曲「TIKI BUN」(10月15日発売)からスタート。その後、「わがまま 気ままの 愛のジョーク」、「What is LOVE」と続き、会場のボルテージは一気に上がる。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=723753

 序盤のMCでは道重さゆみが「日本武道館の景色は最後なので目に焼き付けていきたいと思います」と、在籍中多くの卒業生を送り出すなど節目節目に立ったステージへの思いを噛み締めていた。

 そして、12期メンバーのお披露目に。メンバー・ファンの興奮も高まり、会場もいい感じにざわつくなか、尾形春水(15)、野中美希(14)のふたりがまず呼び込まれる。

 尾形に先輩メンバーも「カワイイ」を連発。9年間、フィギュアスケートを続けてきたとのことで、そこで鍛えたバネをプロデューサーのつんく♂にも期待をされていた。また意外なことにモーニング娘。初となる大阪出身のメンバーとなる。

尾形春水(おがたはるな)。高校1年生、大阪府出身

 野中は特技が英会話。メンバーからも「教えてほしい」との声が漏れ、つんく♂からも「モーニング娘。のグローバル化に一役かってほしい」と期待をかけられた。

野中美希(のなかみき)。中学3年生、静岡県出身

 ふたりは一般公募の「モーニング娘。’14<黄金(ゴールデン)>オーディション!」の合格者。この他にハロプロ研修生より羽賀朱音(12)、牧野真莉愛(13)のふたりの加入が発表される。

 羽賀は初の長野県出身メンバー。特技の書道は7段の腕前で、現在モーニング娘。’14のフロントを務める鞘師里保の6段を凌ぐ腕前だ。

羽賀朱音(はがあかね)。中学1年生、長野県出身

 牧野は約2年間研修生として頑張ってきたメンバーでモーニング娘。で一番好きな先輩は道重とのこと。彼女との入れ替わりタイミングの加入ということもあり、ポスト道重の期待もかかるのではないのだろうか。

牧野真莉愛(まきのまりあ)。中学2年生、愛知県出身

 コンサートは途中、道重さゆみのソロソング「シャバダバ ドゥ~」や「ラララのピピピ」なども交えながら、本編全22曲、アンコール2曲という構成で終了。

 道重が「12期メンバーがみんなタイプだったので卒業するのが惜しい」と漏らすほどの新加入メンバーたち。今後どのように融合し、モーニング娘。を進化させていくか期待したい。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=723767

<取材・文/日刊SPA!編集部 撮影/西田周平>




おすすめ記事