エンタメ

冬でもミニスカ!アンジュルムが“出世の階段”を一気駆け

 アンジュルムにも“旅立ちの春”が来たようだ――。2月4日の東京・愛宕神社にて、改名後の第1弾シングル「大器晩成/乙女の逆襲」のヒット祈願が行われた。

アンジュルム

東京・愛宕神社でシングルのヒット祈願をするアンジュルムのメンバー

 アンジュルムは昨年10月に相川茉穂、佐々木莉佳子、室田瑞希の新メンバー3人を迎え、同年12月にはスマイレージからアンジュルムに改名。今回が新体制となって初めてのシングルリリースなだけに、メンバーの気合いも十分だ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=792876

「出世の石段」と呼ばれる愛宕神社への86段の急勾配を一気に駆け上がると、そのままメンバーはご祈祷を受けた。スマイレージ結成当初からのメンバーである福田花音は「階段をのぼったら出世できると聞いて、ルンルン気分だったんですけど途中から年齢を感じて……カメラが近づくにつれて表情が険しくなりました」と持ち前のトークセンスで笑いを誘っていた。

アンジュルム メンバーは口々に“どん底”の時期があったことを告白。リーダー和田彩花は「ハロプロで一番になりたいです。今まではファンの方に悔しい思いをさせたこともあったかもしれないけど、これからはみなさんにも素敵な夢を見せてあげられるようになりたい」と明るい表情で“逆襲”を誓った。

「ビッグになったらどうするか」という記者の質問に対し、福田は「自家用ジェットがほしい!」と即答。続けて「タクシー移動の時期もあったんですけど、どん底になってからはほぼ電車か徒歩で。ジェット機をゲットしたら移動が楽になって、合間をぬってもっと仕事をしたいです!」と貪欲な一面も見せた。

 新メンバーのひとりである佐々木は、「神社でヒット祈願をやらせてもらったからには、ビッグになって売れたいです! 新メンバーが入ってよくなったねって言ってもらえるように、これからもっともっと成長して頑張っていきます」と意気込みを語った。震災を乗り越え、東北の気仙沼から“宇宙一のアイドル”を目指してハロプロに加入した彼女が、これからどんな活躍を見せるのか楽しみだ。

アンジュルム 3月14日からはアンジュルム初のライブツアー開催も決定しており、5月26日にはすでに日本武道館でのコンサート開催も発表されている。出世の神様がほほえむ日は、そう遠くはないかもしれない。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=792865

●アンジュルム『大器晩成』(MV) – (http://youtu.be/KCQT4STlXz0

●アンジュルム 公式サイト
http://www.helloproject.com/angerme/

<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平>

大器晩成/乙女の逆襲

ファンクで力強い歌声が魅力のナンバー




おすすめ記事