エンタメ

小清水亜美「大きなお友達も心のミラクルライトーンで応援してね」 映画スイートプリキュア♪公開

映画スイートプリキュア♪

「映画スイートプリキュア♪」舞台挨拶

10月29日(土)劇場版プリキュアの最新作『映画スイートプリキュア♪ とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪』が公開され、新宿バルト9にて舞台挨拶が行われた。本作のメインキャラクターの4人と声優キャストの4人、キュアビート(豊口めぐみ)、キュアメロディ(小清水亜美)、キュアリズム(折笠富美子)、キュアミューズ(大久保瑠美)が登場し、会場に駆けつけた家族連れと大きなお友達を沸かせた。

⇒【フォトレポート】 舞台挨拶、声優キャスト4人の画像
http://nikkan-spa.jp/82414/111029_precure

舞台挨拶が始まると会場中央の左右からプリキュアの4人が、映画のエンディング曲『♯キボウレインボウ♯』を踊りながら登場。ステージ上でダンスを披露した。ダンスを終えると声優キャストの4人をまじえ、それぞれの決めポーズをセリフ付きで披露。その後、キャストの作品への想いを語った。

キュアビート役の豊口めぐみは、キャラの真面目さそのままにダンスも完璧に踊れると明かし、「キュアビートたるものエンディングぐらい踊れないとね」と胸をはった。

映画から登場した新プリキュア、キュアミューズ役の大久保瑠美は、途中合流で「お姉さま方にしっかりと支えていただいて、4人の組曲を奏でられたかなと思います。ありがとうございます」とコメント、他のキャスト3人に「かわいい」と溺愛されていた。

第1話から登場しているキュアメロディ役の小清水亜美は、キュアリズムとのコンビの絆の強さについて聞かれ、「夫婦愛だね~」とコメント。キュアリズム役の折笠富美子も、「やだ、あなた」と返す仲の良さを披露。2人のキャラの絆の強さがさらに深まる瞬間を、劇場でぜひ観ていただきたい。

劇場版プリキュアには恒例の仕掛けとして、劇中で振ってプリキュアを応援する『ミラクルライトーン』という光るペンライトがある。こちらは、中学生以下の入場者限定のプレゼントとなっており、大きなお友達はもらえない。そこで小清水亜美は会場を見渡したあと、「今日は大きなお友達が多いのかな。心のミラクルライトーンを振って応援してください」とコメントし会場を沸かせた。

今回のプリキュアは劇場版第11作目となる作品。テーマの一つに「父と娘の絆」も描かれているという。親子連れ客のミラクルライトーンが輝く中、その輝きに負けない心のミラクルライトーンを振りに劇場に運んでみてはいかがだろうか。

取材・文・撮影/林健太




おすすめ記事