日本全国の“きもの美人”が勢ぞろい!【きものクイーンコンテスト2016写真レポ】

 “きもの美人日本一”を決める「きものクイーンコンテスト2016」が2月27日、東京・浅草公会堂で開催され、応募者6150人の中から東京都出身の大学生・松田和佳さんがクイーンに選ばれた。会場は艶やかな着物姿の美女たちで彩られた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1064877

きものクイーンコンテスト2016

(写真左から)花岡なつみ、小澤奈々花、準クイーン・葛谷まりんさん、クイーン・松田和佳さん、準クイーン・芹川有里さん、オスカープロモーション賞・上運天美聖さん、河北麻友子

 松田さんは着物が大好きな祖母から受け継いだ着物で出場し、「正直、まさか自分が受賞できるとは思ってもなかった。うれしい気持ちでいっぱいです」と喜びを語った。受賞者として名前を呼ばれた瞬間に、感極まって涙を流した松田さんは「最近、若者が着物を着る機会が少なくなっていると思うので、受賞を自分の自信にして、日本の古典文化であり、伝統の民族衣装である着物をもっと若い世代に広めたいと思います。外国人観光客も日本にたくさん来ていると思いますので、世界にも広めていけたら」と意気込みを語った。

 祖母からもらった黒の着物については「ちょっと古典的なところが気に入ってます。着物と合わせて髪もしっかりまとめてみました」とニッコリ。応募のきっかけは「祖母の喜ぶ顔を見たかったから」で、「喜びを誰に一番に伝えたいですか」との質問には「一番は祖母で、次が母と家族、あとは友達に喜びを伝えたい」と笑顔で語った。副賞のハワイ・ペア旅行については「いつも一番近くで私のことを支えてくれている母と一緒に行きたい」と家族への感謝を述べた。

きものクイーンコンテスト2016 スペシャルゲストとして河北麻友子、第13回全日本国民的美少女コンテストグランプリ受賞者でガールズユニット・X21の副リーダーとしても活躍するモデルの小澤奈々花、2015年に第48回日本有線大賞新人賞と第58回日本レコード大賞新人賞の2冠を獲得した歌手の花岡なつみが登場し、コンテストに華を添えた。

 クイーンを受賞したことで、芸能界への興味を聞かれた松田さんは「素敵な世界だなとは思います。今はここに立っているだけで頭がパニックなんですが、興味はあります」と告白。そんな松田さんに対して先輩たちから「笑顔を忘れずに楽しく!(河北)」、「まだまだアドバイスできるような立場ではないんですけど、初心を忘れず笑顔で頑張ってみてほしい(小澤)」、「私もデビューしてまだ半年なんですが。一つ一つのお仕事を楽しく精一杯やっていったらいいんじゃないかなと思います(花岡)」とそれぞれがエール。松田さんも「ありがとうございます!」と笑顔で応え、さらに、どんな仕事に興味があるかという質問に対しては「小学校1年生のころから馬術を本格的に習っていることと、着物が大好きなので、時代劇にはすごく興味があります!」と目を輝かせた。

きものクイーンコンテスト2016 今回スペシャルサポーターを務めた小澤は「近い場所でみなさんの素敵な姿を見させていただいて、こんな経験は初めてでしたし、すごくいい経験をさせていただきました」とコメント。着物を着た感想については「多くの方に『着物を着ていると大人っぽくなるね』って言われました。X21では元気よく踊っているので、違う私を見せられたかな?」と思わず笑顔をこぼしていた。

 当日は6,150人の応募者から予選を勝ち抜いた344組358人が最終審査に臨み、準クイーンには東京出身の葛谷まりんさん、同じく東京出身の芹川有里さんが選出され、オスカープロモーション所属の権利が与えられるオスカープロモーション賞は、神奈川出身の上運天美聖(うえうんてん・みさと)さんが受賞。最後に、松田さんは着物について「日常的に着る洋服とは違う、たまに着る特別感や、帯を締めたときの背筋が伸びる感じが素敵」と魅力を表現していた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1064875

<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平(24dakun)>

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中