SNSの「オッサン自撮り写真」連発にブーイング

フェイスブックやツイッターのタイムラインがオッサンだらけ。しかも内容がどうも気持ち悪いとの声をよく聞く。キモがられるOver40のSNSから「ウザッ!オッサンのうぬぼれ」をピックアップしリポートする。

◆あなたが自分好きなことだけは、よくわかる

SNS SNSそのものが、自意識のメディアだといえなくもない。とはいえ、「知り合いの50代がバイクを手放すときに、『タンデムしてきた女たちの顔が、脳裏に浮かんでは消えていきます』と書いていて思わず、ふいた」(33歳・女・デザイン)

「セミナー等に行った報告を長々して、『刺激を受けた!』といった“意識高い”コメントは、なんだかなあ〜と思う」(37歳・男・流通)

「朝の出社から、営業先への移動、途中の休憩のカフェに帰路まで、行く先々で一言コメントを添えてFBでチェックインしているコンサルの男性。一体、誰に報告しているのか?」(31歳・女・IT)

 身も蓋もない言い方をすれば、人は他人にそうそう興味はないのである。

 それでも、人を語らずにはいられなくさせるのがSNS。そのためか、“シリーズ連載”に走る中高年は多かった。

「ニュースサイトから見出しとURLを引っ張って貼りつけたり、彼の得意とする漫画のレビューを評論家気取りで寄稿する【ジブン新聞】を発行している52歳のフリーのエンジニア。“朝刊”、“夕刊”と名付けているが一日5本以上は投稿」(35歳・女・IT)されても、さしてありがたみはない。

 また、「自称・料理好きの40歳男性は、ほぼ毎日自分の手料理写真をアップ。お世辞にもおいしそうと思える出来ではなく、お皿は昭和臭あるダサめの花柄、盛り付けに気遣いもなし。正直、見るに堪えない」(26歳・女・メーカー)。

 が、この女性、必ず、この料理投稿には「いいね!」をつけるという。なぜなら、「これが彼の限界なんだから、もういいやと思うから」。哀れみの「いいね!」に、40歳男性が嬉々としていたら、それはさらに切ない話だ。

 こうしたシリーズ連載の中でも、「ワインのラベルとともに、『ルイ・ロデレールのシャンパーニュで自分にご褒美』といったグルメ日記を投稿する人がいるが、興味はないので非表示」(31歳・主婦)と、自慢要素が入ると非表示率は急上昇。が、もっとも評判が悪かったのが「自画撮り」写真投稿だ。

「40代前半の方だと思うのですが、毎夜の恒例に、ビールをぐびぐび飲んでいる“快感顔”を載せている人がいて……ときには白目剝いてる写真もあったり、脂ぎった、中年男の酔っ払い顔は見るに堪えません」(32歳・女・メーカー)

「ツルッパゲのおじさんが、2週間に1回の頻度でプロフィール写真を変更。そのたびに彼のドアップ写真を見させられるのがつらく、非表示に」(40歳・女・デザイン)

 たとえ、不惑を超したとしても、人間というのは自分がわからないものなのである。きっと。

イラスト/小松 恵
― オッサンのSNSが気持ち悪い!【5】 ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中