SKE48中西優香インタビュー「悩み抜いた立候補」

 昨年は最終的に63位でフューチャーガールズ入り。今年の速報では30位にランクインし、大幅ランクアップを果たしたSKE48のキャプテン・中西優香。

 フューチャーガールズのSPA!短期連載では浴衣姿を披露した彼女。そんな彼女に今一度、浴衣に身を包んでもらい、立候補するまでの経緯を聞いた。なんでも彼女、立候補を悩んでいたという……。

中西優香01

‘89年1月24日生まれ、愛知県出身。ニックネームはにしし。今年4月のSKE48単独コンサートにて、SKE48キャプテン兼チームSリーダーに就任した。SKE48最新シングルは、7月17日(水)発売予定!

――中西さんは、グーグルプラス(以降ぐぐたす)でファンに向けて「(立候補)正直悩んでいます」と書いてましたよね?

 はい。なんというか、「総選挙出ます。頑張ります!」って言って、自分では頑張っていても、私たちの頑張りだけじゃどうしようもない部分もあるじゃないですか。去年、はじめてランクインできて、「ファンの方たちがすごい頑張ってくれたんだな」って思ったんですけど、その一方で「負担だったんじゃないかな?」と……。ファンの方たちの暖かさを握手会とかで間近で感じたぶん、すごくそう思ったんです。だから、軽い気持ちで立候補できなかった。まず、ファンの方たちの気持ちを聞きたいなって思ったんです。

――そうして、ぐぐたすで呼びかけた結果、立候補に至ったと。

 たくさんの意見をいただきました。「出てくれることでもっと総選挙が楽しめるから出てほしい」とか、逆に「出ないほうがいいよ」とか。そういうすべての意見を読んで、自分のなかで考えたんです。でも、それでも結論が出なかったんですけど……締め切りの前日から2日間握手会があって、そこで、ファンの方たちが目を見て「出てほしい」って言ってくださったんです。このとき、自分でも悩んでたのがウソみたいに「あ、出よう」って思えました。今思えば、あの握手会が立候補の決め手になったのかもしれないです。

――で、速報では見事30位! このときの心境は?

 びびびびびっくりしました。その日劇場で公演があったので、公演後に楽屋でみんなと観てたんです。ネクストガールズ(33~48位)の発表が終わったあたりで、「あ、私もう今年は入ってないんだ」って思ったんですよ。その直後に呼ばれたので。もう、びびびびびっくり(笑)

――そんな中西さん、4月からSKE48のキャプテン、チームSのリーダーに就任しました。まだ間もないですが、この立場になったことで成長は感じる?

 えーー? 成長してっかなーー? あ、でも意識は変わりました。キャプテンになってから、AKB48の高橋みなみさんとお話する機会があって、そのときに「無理しないでそのままでいいんだよ」みたいなことを言っていただいたんですよ。そこで「キャプテンだから、ってすごい気負ってたけどそんな必要ないのかも」って思えたので。……って言っても、やっぱりまだ考えちゃうこともありますけど(笑)、そう意識できただけでも、成長なのかな?と。

――では最後に、総選挙に向けての思いを!

 SKE48は今勝負のときなんです。組閣があったり、卒業生がたくさん出て「パワーダウンしたんじゃないかな?」って思ってる人もいると思うんですけど、そんな今だからこそ、ひとりでも多くのメンバーが入って、勢いがついたらいいなって思いますね!

⇒中西優香の写真はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=448711

<取材・文/松本まゆげ 撮影/水野嘉之 スタイリング/角藤智美>

●【SPA!】SKE48謎解きParts 
https://plus.google.com/+spa_ske48/posts

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中