[5万円デリヘル]にハマる男たちの言い分

デリヘル,風俗

お気に入りの嬢に完全に骨抜きにされてしまった稲田さん。今ではプレー時間を短縮し、毎回30分はアロママッサージをしてもらっているという

 都内の部品メーカーに勤める稲田滉一さん(仮名・36歳)は、高級デリヘルにどっぶりハマってすでに2年がたつ。

「風俗は昔から好きで、“たまの贅沢”として高級ソープには何度か行ったこともありました。5万円デリヘルも最初は同じ“たまの贅沢”のはずだったのですが、今ではもうすっかり抜け出せなくなり、月にだいたい1~2回は利用し続けています」

 風俗に月1、2回と聞けば決して多い印象はないが、なにせ一度の額が大きい。そのペースでいくと年に100万円はつぎ込むこととなる。

「今の僕の年収はだいたい380万円。つまり、稼ぎの3分の1には使っていることになります。正直、マズいなと思うのですが、最近は容姿もスタイルも抜群なうえに元エステティシャンで、マッサージがすごく上手なコを知ってしまって、ずっと彼女を指名し続けています。とてもやめられそうにありません」

 生粋のレースクイーン好きを自認する山本茂幸さん(仮名・41歳)のハマリ方は、さらに衝撃的だ。

「きっかけは好きなレースクイーンのコとよく似た写真を、ある高級デリヘルのホームページで見つけたことでした。結局、別人だったのですが、それでも大満足。ちょうど祖父の遺産約200万円が臨時収入として入った時期だったので、10か月ほどで使い切ってしまいました」

 高級デリヘルの魅力にとりつかれてしまった結果、投げ打つことになるのは何もお金だけではない。「月1で上京しています。理由? もちろん高級デリヘルのためですよ」とは新潟県で高校教師をしている加藤秀一さん(仮名・39歳)。

「ギャルっぽい女性は、学校の女子高生を相手にしているみたいだからイヤ。人妻や熟女は嫌だし、若くてキレイな女性と遊ぶには、どうしても単価の高い店になってしまいます。毎回、本当に美人が来るのでたまりません。風俗代に加え、往復の交通費やホテル代を入れると1回あたり約10万円。それに時間もかかってしまいますが、これからも通い続けますよ」

 常連客たちの思い入れは、どこまでも熱い。11月5日発売の週刊SPA!では「[5万円デリヘル]のエロすぎる中身」という特集を組んでいる。風俗のデフレ化が進むなかで、なぜ男たちは高価な「5万円デリヘル」を選ぶのか? その深遠なる世界の謎に迫る。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!11/12号(11/5発売)

表紙の人/ももいろクローバーZ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中