SKE48ナゴヤドーム回顧録【感動編・画像集】

 2月1・2日、ナゴヤドームにて開催された『SKE党決起集会。「箱で推せ!」』@ナゴヤドーム。結成当初の目標の地にたどり着いた彼女たち、そして感動の模様を写真と一緒に振り返る。

◆残った1期生。卒業する佐藤聖羅を含めた7人の勇姿!

1期生、7人での「神々の領域」。共に苦労してここまでたどり着いたかけがえのない同期

 1日目は1期生のための歌「神々の領域」からステージが始まる。これだけでも十分感動的な演出だったのだが、7人の真ん中には2月いっぱいで卒業する佐藤聖羅。メンバーも夢の舞台に立てた嬉しさ、佐藤聖羅が卒業することへの寂しさの両方を感じさせるような涙を浮かべていた。

 ’08年に始まった彼女たちのSKE48としての活動。23人でスタートした1期生もいまや7人となり、佐藤聖羅の卒業で6人となる。多くの後輩が入ってくるなか、SKE48とはなんなのか、どんなグループであるべきなのか、パイオニアの誇りと共に守ってきたメンバーたち。そこには強固な絆がいつまでも存在し続けるだろう。卒業する佐藤聖羅も「本当は公演の最後の日まで泣かないでおこうと決めていたのですが、みなさんの愛が嬉しくて涙が出てしまいました。ここまで来れたのはみなさんのおかげです。1期生だけじゃ立てなかったと思いますし、6期生、そしてドラフト生まで含めてやっとステージが成立するんだと思ってます。3月からはソロで活動していくので、みんながいなくて恐怖や寂しさを感じることもあるけど、その先に夢が叶うと思っているので頑張りたいと思っています」と語り、大舞台での最後を締めくくった。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=583087

◆3月に卒業する向田茉夏。最後の大舞台!

向田茉夏のオリジナルユニット「フィンランド・ミラクル」。大きな会場では最後の披露となる

 2期生としてSKE48に加入し、そのアイドル性からメンバーの佐藤実絵子や松井玲奈を唸らせ、ファンからも高い支持を得ていた向田茉夏も佐藤聖羅の後を追うように、3月いっぱいでSKE48を卒業する。そんな彼女の卒業を惜しむように随所で「まなつコール」が巻き起こった。1番大きな「まなつコール」は彼女のオリジナルユニット「フィンランド・ミラクル」の歌唱中だった。ナゴヤドームが割れるのではないかと思うぐらいの強烈な「まなつコール」が約33000人のファンから彼女に送られた。2日目の最後には「ナゴヤドームでライブするのは大きな夢で本当に嬉しいんですが、発表を聞いた時はまだ早いんじゃないかなって思ったこともありました。でも、2日間を通してそんなことを考えられないくらい、スタッフの皆さん、メンバー、そしてファンのみなさんと作り上げたこの2日間は、とても素敵でとても楽しい2日間になりました。ここから見える景色は一生忘れません。ありがとうございました」と涙ぐみながら言葉を振り絞った。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=583090

◆終身名誉研究生・松村香織に思わず涙!

「マツムラブ」でSKE48としては唯一のソロデビュー?を果たした松村香織

 ナゴヤドームでは「珠理奈、調子乗りすぎだよ!」、「玲奈さんも(髪)薄いからね」とMCでW松井に噛みつく、普段から納得いかないことはネットでぶちまけ、炎上させる。”反逆のカリスマ”として、ときにアイドルらしくないなどの批判もありながら、その個性的なスタイルで多くのファンを獲得してきた終身栄誉研究生・松村香織。自身のソロ曲「マツムラブ」を歌った際に、思わず素に戻ったのか涙が溢れ出してしまった。「みなさん本当にありがとうございました」と泣きじゃくりながら歌う歌は正直うまくはなかったが、2日間のなかでもしかしたら1番感動的なシーンだったのかもしれない。最年長研究生として歴代の研究生を教育、後輩が巣立つなか本人はなかなか昇格できない日々(48G研究生未昇格期間最長記録保持者)、昇格を断たれた終身名誉研究生への誘い。彼女もまたいろいろなものを背負い頑張ってきた1人なのだと改めて思わされた場面だった。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=583103

◆SKE48ファンの凄さが際立ったナゴヤドーム

SKE48 SKE48メンバーのパフォーマンスや演出はもちろん感動的なものだったが、その感動をより高めてくれたのはなによりファンの頑張りだった。公演開始前、影ナレーション後の「SKEコール」。チームKII曲での赤いサイリウム、チームE曲での緑のサイリウム、研究生曲での青いサイリウム、そしてなにより2日目のアンコール開け、SKE48のカラーでもあるオレンジ一色のサイリウムがナゴヤドームを包み込み、より幻想的な空間を演出してくれた。

 これらの企画はメンバー発信のものや有志企画者がやったものと様々だが、息を合わせ実行したSKE48ファンの熱意・クオリティーの高さに胸を打たれた。アイドルの勢いを計る上で、いかにファンの結束力があるか、というのがひとつの指標になると思うのだが、今回のナゴヤドームでは改めてその強さに驚かされることとなった。これからSKE48にはいろんな苦難があるかもしれないが、どんなときもSKE48と一緒に歩むファンたちであってほしい。

<取材・文・撮影/ヤスオ 機材協力/TAMRON(SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD)>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中