スポーツ

ドアラ、バク転10回連続失敗で解説者までもが心配。カフェの営業で忙しかったのが原因!?

さまざまなイベントが企画されており、ドアラももちろんやってくる

 開幕から3連敗。下馬評通り?のスタートを切ったものの、気がつけば7連勝を皮切りに勝ちまくり、セリーグで首位争いを繰り広げる中日ドラゴンズ。そんな好調ドラゴンズの連勝街道とは真逆に「連敗(?)街道」をひた走ったのが球界のマスコットの重鎮ドアラである。地元名古屋の記者に話を聞いた。

「ナゴヤドームでドラゴンズは11勝3敗(4/23現在)と無双ぶりを発揮していますが、ファンや関係者が心配なのはドアラなのです。開幕してからというもの、7回に行われるナゴヤドーム名物であるドアラのバク転が10回連続で失敗していたのです」

 この緊急事態に実況の野球解説者までもが「バク転の際にひねるからバランスを崩している。ドアラはそろそろひねりを加えるのをヤメた方がいい」など、体操解説者ばりの解説をする一幕も。

「一頃はドアラのバク転が決まればドラゴンズは負けない……なんて言われていたのですが、今季に限ってはその真逆。ドアラのバク転が失敗とドラゴンズの連勝は反比例していきました」

 ファンもこの“異常事態”にただならぬ危機感を感じたようだ。今シーズン初の成功(4月15日)を一塁側のスタンドから見たファンに話を聞いた。

「本当に嬉しかったですね。開幕からドアラも悩んどったと思う。ずっとひねりにこだわっとったでしょう。ひねらずに成功する道を選んだドアラにはグッとくるものがあった。これぞプロだわ」(30代男性)

ドアラ、バク転成功

バク転成功は開幕から2週間以上経ってから。捻りを加えず純粋なバク転で見事に成功させ、中日スポーツの誌面にようやく白い丸がついた

 といった声や、中にはドアラがバク転を失敗し続けていることを知らなかった人もいた。

「ドアラのバク転は成功するものって思っとったから、こんなに失敗しとるなんてわからんかった」(20代女性)

 などなど。とにもかくにもここまで注目を集めるマスコットはそうそういないことは確かなようだ。そんなドアラにちなんだシートやカフェが今年からナゴヤドームに作られ、これまた注目を集めているという。

◆ドアラシートにドアラカフェ 今年のナゴヤドームはドアラがいっぱい!

「今でもドアラの人気はすごいですよ。今シーズンからはドアラシートがナゴヤドームにできましたし、ナゴヤドームの外にはドアラカフェもできました。ドアラカフェでは『ドアラの年俸ホットサンド』や『ドアララテ』など、ドアラにちなんだメニューが楽しめます」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=839799

 と語るのはドアラカフェの仕掛け人、東海テレビの竹田太郎氏だ。

 ドアラカフェの店内はオシャレなカフェ風な作りで至る所にドアラグッズが飾られている。ドアラがやってきたり、カフェから番組中継したりすることもあり、女性や子供だけではなく、多くのファンが連日やって来るという。

開店当日はドアラのイベントも行われ、大盛況だった

 営業時間はナイター開催日は午後3時から試合終了まで、デーゲーム開催日は午前11時から試合終了まで。ほかにもナゴヤドームでイベントのある日は営業されるというので、気になる方はナゴヤドームのホームページをチェックしてみてほしい。

 先述のドアラシートは4人掛けの1セット3万円となかなかのお値段だが、ドアラとの記念撮影や試合後に直筆の手紙が貰えるとあって開幕から完売続出の人気シートとなっている。ファンとしてはなんとかして座ってみたいプレミアムシートというわけだ。だが、ドアラシートに座れなくともドアラカフェで存分にドアラを堪能することができるのは、なんともファンにとっては嬉しい限りである。

※『週刊SPA!』本誌でも谷繁監督がコラム「俺の職場に天才はいらない!」を連載中。ドラゴンズファンのみならず、要チェック!!

<取材・文/長谷川大祐(本誌)>

週刊SPA!4/28号(4/21発売)

表紙の人/吉田羊

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事