食べログで「不当な低評価」を受けている店を直撃

「3.50点以上(上位3.63%)は高い確率で満足できる」と食べログは主張するが、ならば低評価な店はどうなのか? 食べログでは評価されなくとも実はうまい店をリサーチ!

◆「常連客が多いから」で評価が下がる!?

nabenoren

渡辺敦司さん

 2年ほど前に起きた「食べログやらせ騒動」以降、採点方法も見直され、やらせが疑える高評価店は減った印象だが、一方で不当な低評価を受ける店は今も多いのではないか。もはや「3.0以下はイケてない」というのが定説とされているが、本当にそうなのか? そこで、「食べログで3.0以下でもうまい店」をリサーチすべく、最初に声を掛けたのは東急線沿線在住のグルメな方々。実はこの界隈、地元民に愛されている安うま店が多いにもかかわらず、「一見客が殺到したら自分たちがふらりと入れなくなるから」とレビューを書きこまない外食派が多いと耳にしたからだ。

 まず寄せられた情報は西小山駅からほど近くにある居酒屋&バー「nabenoren」。口コミを見ると概ね高評価なのだが、「常連客が多い」「外に置いてあるお品書きを見て、勝手に期待しすぎた」という2件の投稿により、この評価に留まってしまったようだ。

 実際のところはどうなのか? 木を基調にした店内は地下とは思えないほど天井が高く、ゆったりしている。長居の客が多いというのも納得だ。肝心の料理は氷見の寒ブリやキスとタラとトビウオの練り物を揚げた団子揚げといった富山名産の逸品をはじめ、各地の名物が並ぶ。それもそのはず、店主の渡辺敦司さんは富山出身。その他、ソーキそばや盛岡冷麺など、締めの麺が充実しているのも嬉しい。人気メニューだというイカスミの焼飯は、富山名物のイカスミの塩辛を使った一皿。適度な塩気とうま味が絡み合い、酒の肴としても十分イケる。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=594883

 これだけうまいものを出していて、この低評価にイラッときたりなんてことは?

「いやぁ、別にいいんじゃないかなと思っています。食べログさんには独特の計算式があって、いろんなお店に行って評価するのを楽しむ人の点数が反映されやすいんですよね? ウチは大半はお馴染みさんなので」

 そう語る渡辺さんの口調はとても穏やかで、聞いているだけでふわっと肩の力が抜けるほど。肴がうまくて接客はほっこり。こりゃ、人には教えたくないわな。

【nabenoren】
食べログ評価⇒3.00
住:目黒区目黒本町5-8-12 B1
電:03-3760-8778
席数/25席
営:17:30~翌1:00、土曜・祝日~24:00
日曜定休
最寄り駅:東急目黒線西小山駅から徒歩3分
西小山の喧騒から少し離れたところにあり、地下ながらも高い天井のため開放感がある。

― [食べログ3.0以下]でもうまい店【1】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中