2ちゃん発「モナーコイン」は3年で100倍になるか?

大手取引所マウントゴックスの破綻により一気にバブル崩壊を迎えたビットコイン。だが、その陰で日本初の暗号通貨「モナーコイン」が胎動していた。果たしてバブルは再来するか? 可能性を探った。

◆ポスト[ビットコイン]の大本命!?

「@tipmona tip @▽▽ 3 乙」

 ツイッター上で、こんなやりとりが行われているのをご存じだろうか? 「tipmona」とはツイッター上で使える「モナーコイン」用のサービスだ。このモナーコインは、昨年12万円近い高値を付けて話題をさらったビットコインをはじめとした暗号通貨の“日本版”。それも、2ちゃんねるから誕生した日本初の通貨だ。話を戻すと、冒頭のやりとりはtipmonaを利用して「@▽▽」のツイッターアカウントを持つ人に対し、「お疲れさま(乙)」のメッセージと共に3モナーコイン(約10円)送金したことを示しているのだ。要は“おひねり”のごとく、有用なサービスや情報を提供してくれた人に、ツイッター上でモナーコインの受け渡しが行われているというわけ。

 といっても、ピンとこない人も多いと思うので、まずはビットコインについておさらいしておこう。SPA!でもたびたび取り上げてきたが、その本質は発行体のない分散型の仮想通貨という点にある。コインの受け渡しが行われる際の暗号処理を手伝うことを俗に“マイニング(採掘)”と呼び、あらかじめプログラミングされた条件の下、マイナー(採掘者)に一定量のビットコインを報酬として支払うことで徐々に通貨発行量を増やしている。銀行を介さず「ウォレット」という専用のアプリでやりとりするので、送金手数料はほぼゼロ。そんな画期的な思想と仕組みを、ネットスケープ創業者のマーク・アンドリーセンらIT界の革命児らが絶賛し、中国で決済手段として導入されたりもしたため、昨年1年間で価値は100倍にも急騰したわけだ。

◆10代のプログラマーたちが続々参入!

 モナーコインはそんな“ビットコインバブル”真っただ中に生まれた数あるアルトコイン(代替暗号通貨)の一つ。だが実は今、これが予想以上の盛り上がりを見せているという。シリコンバレーと日本を行き来しながら暗号通貨の勉強会などを開いている「Rising Bitcoin Japan」の樋田桂一氏が話す。

モナーコイン

今年4月18日に開催された「モナーコインで遊ぶ会」の光景。90人ものユーザーが参加し、モナーコインでケーキを購入したりしたという

「価値だけを比べると、1モナ=3.5円程度なので、ビットコインの足元にも及びませんが(笑)、ビットコインが資産的価値を確立してきたのに対して、モナーコインは経済活動と密接に結び付き、リアルな通貨としてやりとりされる機会が急激に増えていると感じています。今年1月に誕生したばかりなのに、瞬く間に専用取引所がオープンし、4月には『モナーコインで遊ぶ会』というイベントが開催され、90人もの参加者が集まった。そのイベントでは、100円のガチャガチャでモナーコインが買えるというユニークな企画も数多くありました。特徴的なのは、参加者が若いこと。『tipmona』というツイッターアカウントだけでモナの受け渡しができるサービスを開発して無料配信しているのは17歳の高校生で、ほかも10~20代がメインプレーヤーなんです。こんなことはビットコインには見られなかったことです!」

 5月17日にもモナーコインのオフ会が開催されるというので、SPA!はその“前夜祭”に参加したのだが、確かにPalon氏こと17歳の高校生の姿も。それも、はるばる九州からの参加というから気合の入り方がハンパでない! 一体なぜ、それほどの盛り上がりを見せているのか?

モナーコインガチャ

「遊ぶ会」で設置された「モナーコインガチャ」。100円を入れて回すと「3モナ」のペーパーウォレットが出てくる

「暗号通貨は概して、早くにマイニングを始めたほうが多くのコインを獲得できます。だから、目新しいモナーコインに注目が集まったのは必然。ただ、火をつけたのは若手のクリエイターたち。Palonさんなどが次々と新しいサービスを立ち上げてはツイッターで発信したほか、モナーコインのCMを自作する人なども続々と登場して盛り上げました。この勢いを考えれば、1モナ=3.5円は安すぎる。ビットコインに照らせば、3年以内に100倍になってもおかしくないです!」

⇒【次回】『日本発の暗号通貨「モナーコイン」は儲かる?』に続く http://nikkan-spa.jp/650660

― 2ちゃん発 モナーコインは3年で100倍になるか?【1】 ―

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中