加護亜依がアイドル復帰の決意を激白

加護亜依

加護亜依さん

 モー娘。そしてミニモニ。のメンバーとして一世を風靡する一方、後に喫煙騒動や自殺未遂といった度重なるスキャンダルで世間を賑わせた加護亜依も今や結婚して一児の母。それでも「やっぱりアイドルでいたい」と新たにガールズユニット「Girls Beat!!」を始動させる彼女に、その決意を聞いた。

「’09年にジャズをやったあと、少し休んでいた時期に、ファンの方たちから『あいぼん、また歌わないの?』『加護ちゃんが踊るステージが見たいよ』って声を、ツイッターやブログでもらっていて。そんなとき、日本でK‐POPアイドルがはやって、別の国でアウェーなのに受け入れられて通用している彼ら、彼女たちに衝撃を受けたんです。同時に、『悔しいな』って気持ちも出てきて、またアイドルやりたいと思ったんですよね」

 先日、関西ローカルのテレビ番組で「ママタレには絶対ならない」と語っていた彼女だが、結婚して子供もいる26歳のアイドルというのは、なかなかレアな存在だ。そのあたりをどう考えているのだろうか?

「私、芸能界に入りたいと思ったきっかけが松田聖子さんなんです。小学3年生のときに初めてライブを見て、そのときもちろん、彼女は結婚して子供もいましたけど、完璧に“聖子ちゃん”だったんです。大きなケーキの形をしたセットから出てきて、『なんてカワイイんだろう!』って感動して。だから私も、できる限りいつまでも“加護ちゃん”でいたいんです」

 その加護亜依が率いる「Girls Beat!!」のメンバーは計3人。残りのメンバーは今回のユニットに対してどんな決意で臨んでいるのだろうか?

「今まで50以上のオーディションを受けてきたけど全部、書類審査落ち(笑)。今回メンバーに決まったとき、加護さんから『今は私が憧れの存在かもしれないけど越えられるようにがんばって』とLINEをもらったときは、すごく嬉しかったですね」(喜多麗美)

「今回のオーディションで落ちたら、もう就活しようと思っていました。21歳、人生かけてます! 私が加護さんを見て“こんなふうになりたい!”と思ったみたいに、自分も誰かにそう思ってもらえるようなアイドルになりたいですね」(姫乃稜菜)

 “加護ちゃん”の新たな挑戦がどのように受け止められていくのか。注目である。

※『週刊SPA!』7/15発売号の「エッジな人々」では「涙ながらに語った『私って、何やっても叩かれるんです』」と題して、加護亜依さんが過去のトラブルについても存分に語っている。ぜひ、ご確認を。

●加護亜依さん率いる「Girls Beat!!」は7月22日にデビューシングル「世界征服」を発売する

<本誌構成/福田フクスケ 撮影/スギゾー 再構成/SPA!編集部>

週刊SPA!7/22・29合併号(7/15発売)

表紙の人/SMAP

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

世界征服

加護亜依率いるガールズユニット『Girls Beat!!』のデビューシングル! さぁ行こう。世界征服。

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中