「優位にネット婚活できるのは39歳まで。40歳になったら検索されません」アラフォー独身者の憂鬱

 SPA!本誌の特集では「40歳独身サラリーマン」や「40歳既婚サラリーマン」について何度も取り上げてきたが、“幸福度”という観点で見ると、どちらが不幸なのだろうか? 周りを見渡せば「孤独死の不安にさいなまれる独身サラリーマン」もいれば、「家事ハラに耐えまくっている既婚サラリーマン」もいる。どちらも不幸には違いないが、いかにして不幸の穴に陥り、ひどい生活を送っているのかは気になるもの。

 ここでは独身サラリーマンのケースを紹介しよう。

◆婚活パーティでは無視!? 40歳を境にモテなくなり生涯独身まっしぐら!
<堀江孝之さん(仮名・43歳)/年収490万円/彼女ナシ歴3年>

アラフォー独身者の憂鬱

連日のように婚活サイトを覗き込む堀江さん。写真のみならず、趣味も「サバイバルゲーム」と書くなど若い子向けに少し盛っている

 40歳を迎えたところで、6年間同棲していた彼女と破局。以来、まったくモテずに独身生活を続けている堀江孝之さん(仮名)は、独り身の不幸をこう語る。

「“年貢の収め時かなぁ”なんて、まるでモテ男のように結婚を意識していたのですが、月収30万円弱の40男に不安を感じてか、別れを切り出されてしまったんです。しかも、家具や家電は彼女が買い揃えたモノだったので、すべてを持っていかれた。殺風景な部屋を眺めると、一気に切なくなりましたね。長年付き合った彼女に40歳でフラれるとは、考えてもみませんでした」

 子供がほしかった堀江さんは、久しぶりのフリー生活を楽しむこともなく婚活をスタートさせた。

「気がついたら遊び友達はみな既婚者で、休日に誰も遊んでくれない。昔の合コン仲間に女性を紹介してもらおうとしても、誰も手配してくれませんでした。仕方なく、婚活パーティに登録したんですが、大苦戦。メールを送っても、10人に1人しか返信が来ないんです。しかも女性側からのコンタクトは皆無。いわゆる“書類選考”の時点で、落とされるんですよね」

 堀江さんがこう嘆くのも無理はない。某大手婚活サイトのスタッフによれば、「女性は絞り込み検索の際に、40歳未満にチェックする人がほとんど。39歳はヒットしても、40歳は検索にヒットしません」とのこと。

「女性から連絡が来たかと思えば、相手も40歳オーバー。子供がほしいので、もう少し若いコがいいなと思ってしまうんです。これって贅沢なんですかね……。“このまま独身で一生過ごすのかな”と想像すると、老後が不安で仕方がありませんが、今はもう少しだけ年上好きの女性からのコンタクトを待とうと思っています」

 結婚に立ちはだかる“40歳の壁”に苦しむ堀江さん。若づくりしたプロフィール写真を使用するなど対策は講じているが、モテない状況は早くも3年目に突入しようとしている。

 3/10発売の週刊SPA!に掲載されている特集『[独身or既婚]どちらが不幸か?』では、上記のようなアラフォー独身者の不幸話に加えて、既婚アラフォーリーマンの切実なる生活も写真入りで大公開。また、離婚or晩婚という選択をしたことで「40歳にして不幸から脱却した人たち」の事例も紹介している。

 あなたが独身者でも既婚者でも、「人生の選択」の参考になることは間違いないはずだ。 <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!3/17号(3/10発売)

表紙の人/有村架純

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中