マネー

為替介入で723倍に上昇した「eワラント」の破壊力!

ギリシャはすでに実質破綻状態で、イタリアやスペインにまで飛び火している欧州債務危機。「危機」というだけあって株も為替も儲かる派手な話をめっきり聞かなくなってしまったが、「eワラント」が為替介入によって、なんと一時700倍以上の上昇率になったのだ!

eワラント」とは、個別株や為替、日経平均株価などの株価指数、金や原油などのコモディティなど、さまざまな商品(対象資産)の値動きを反映して動く投資商品。

eワラントには「コール型」と「プット型」があり、相場や対象資産が上がれば儲かるのが「コール型」で、下がれば儲かるのが「プット型」だ。

株でいう「買い」「カラ売り」、FXでいう「ロング」「ショート」と考えれば分かりやすいだろう。

今、日経平均株価が8500円だとしよう。

将来、この日経平均株価が9000円や1万円になると思えば「コールの買い」をすればよく、反対に8000円や7000円になると思えば「プットの買い」をするといった具合だ。

「コールの売り」や「プットの売り」もあるが、まずは「買い」だけ知っておけば十分!

eワラントにはレバレッジがきいているため、日経平均株価が500円しか上がらなくても、eワラントではもっと大きく儲けることも可能。

その一方で、損失は限定されているのがeワラントの特徴だ。

例えば3円のeワラントは3000円で買えるのだが、損失は最大で元本の3000円だけ。それ以上の損にはならないし、マイナスにもならないから安心できる。

◆為替介入で一時723倍に上昇!!

超円高水準が続くドル/円相場。

今後、さらなる円高も予想されるし、一時的な反発で大きく円安に戻ることも考えられる。

そんなときは「両端持ち戦略」が有効だという。

例えば今、1ドル=76円だとすると、「82円のコール買い」と「70円のプット買い」を持つのだ。

これなら円高・円安のどちらに動こうとも、

●大きく円安に⇒82円のコールが爆騰
●大きく円高に⇒70円のプットが爆騰


となり、大きく儲けることが可能だからだ。

eワラント実際、10月31日には1ドル=75円台だったドル円相場が為替介入で一気に79円以上まで上昇したとき、「82円コール買い」は0.02円から14.45円まで、実に722.5倍も上昇したのだ!

前日比で計算しても、283倍である!

eワラントリスクは限定的なのに、上昇するときは数十倍、数百倍になることも珍しくない「eワラント」。

宝くじを買うよりも面白そうだ!

⇒後編に続く http://nikkan-spa.jp/106983
「eワラント」で毎月10万円稼ぐ主婦もいるって本当?

取材・文/横山 薫




おすすめ記事