スポーツ

“レッスルマニア4”とビンスのある計画――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第76回

ノー・ホールズ・バード

ビンス・マクマホンのある計画とは、ハルク・ホーガンのハリウッド進出プラン。ホーガンの初めての主演映画『ノー・ホールズ・バード』の撮影は“レッスルマニア4”終了直後にクランクインした(写真は映画『ノー・ホールズ・バード』のオフィシャル・ポスター)

 NBC特番“メインイベント”におけるハルク・ホーガン対アンドレ・ザ・ジャイアントのWWE世界ヘビー級選手権は、“悪のレフェリー”アール・ヘブナーの疑惑の3カウントによるホーガンの王座転落、新チャンピオンとなったアンドレの“ミリオンダラー・マン”テッド・デビアスへの“チャンピオンベルト売却”、そしてWWE世界王座のコミッショナー預かり=空位というさまざまなドラマを生んだ。

 4年1カ月間にわたりつづいてきたホーガンの長期政権は、ここでいったん終止符が打たれた。しかし、ビンス・マクマホンとホーガンはこの時点ですでにある計画に着手していた。それはホーガンのハリウッド進出プランだった。ホーガンはプロレスのヒーローからスクリーンのヒーローへの華麗なる変身をとげようとしていた。

 ホーガンの初主演作『ゴールデン・ボンバー』(原題『ノー・ホールズ・バード』)はWWEとニューライン・シネマ社の共同プロデュースという形で企画されたが、じっさいにこの“未知の領域”にハリウッド映画クラスの製作費を投下したのはビンスだった。

 ホーガン自身はアーノルド・シュワルツェネッガー、ブルース・ウィリス、チャック・ノリスのようなタイプのアクションスターへの道をイメージし、じつはビンスもまた映画プロデューサーとしてのハリウッド進出を狙っていた。“WWEフィルム社”の野望はこの時代からすでにはじまっていた。

次のページ 
ホーガンはハリウッド進出を急いだ

1
2
3





おすすめ記事