スポーツ

“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回

アルティメット・ウォリアーのアクション・フィギュア

“ホーガン不在”のウォリアー政権のプロローグは、アルティメット・ウォリアー対リック・ルードの定番マッチ・シリーズ。(写真はアルティメット・ウォリアーのアクション・フィギュアのパッケージより)

 ポスト“レッスルマニア6”の新路線は、アルティメット・ウォリアーを主人公とした長編ドラマの新シリーズだった。

 WWEは“レッスマニア6”開催後、移動日をはさんで4月3日、4月4日の2日間、ニューヨーク州シラキュース、同州グレンフォールスの2都市で“WWEスーパースターズ”“WWEレスリング・チャレンジ”の2番組のTVテーピングをおこなった。

 “WWEスーパースターズ”は4月14日、21日、28日、5月5日オンエア分、“WWEレスリング・チャレンジ”は4月15日、22日、29日、5月6日オンエア分のそれぞれ4週分のタメ撮り方式。番組収録そのものは1興行あたり約5時間の長丁場だったが、連続ドラマのストーリー展開のほうはずいぶんゆっくりしていた。

 “レッスルマニア6”でウォリアーに敗れWWE世界ヘビー級王座を失ったハルク・ホーガンは、第2作めの主演映画『ミスター・ネニー』の撮影のため4月から7月までの3カ月間、全米ツアーを欠場した。しかし、テレビ番組のなかでは映画の話題はいっさい紹介されず、ホーガンはジ・アースクェイクのアースクェイク・ドロップ(ヒップドロップ)で負傷し、病院送りにされたことになっていた。

次のページ 
新チャンピオンとなったばかりのウォリアーの“第1挑戦者”は…

1
2
3




おすすめ記事