雑学

沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言

 15年間、世界中のカジノを放浪して勝ち続けてきたプロギャンブラーのぶき。「『人生』とは自分軸で生きること、『賭け方』とはこの1時間をどう使うかの戦略だ」と言い切る。世間体から解き放たれ、「スマイル基準」で人生を勝ちへ導く男が語る生き様論。

プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」〈第24回 沖縄移住を実現する7つのプラン――世界6周半の男が大提言〉

 さあ、沖縄は梅雨明けだい!! 10年前、ギャンブルの勉強に集中する旅先として、沖縄を選んだ。世界中を旅しまくり、沖縄2か月間を滞在して出した結論が、「沖縄はリアルに桃源郷だ!」ってこと。理由は、南国で気候は温かく、リゾートアイランドなのに都市もあり、言語のストレスがないこと。

【好きなところで暮らすのも幸せへの道】by 人生の賭け方

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1138566

梅雨時期でも沖縄は沖縄だった @ エメラルドビーチ

 今月、沖縄の友達からトーク依頼をいただき、再訪できるきっかけが生じた。もし旅の達人なら、はたしてどんな沖縄の旅をするのだろうか? おそらく旅の達人なら、「旅行を超え、旅を超え、移住した感覚で旅してく」。

【達人になりたければ、達人視点で予測し実行せよ】by 人生の賭け方

 10年前の2か月間滞在から、ふつふつと抱いていた沖縄への移住プラン。あれから、さらに旅の経験値は増えた。「いつどんな条件なら、沖縄移住を選ぶタイミングだろうか?」もし1年のうち数週間を沖縄で過ごすならどの季節かなとか、移住した感覚で日々を過ごしてみたい。今回は沖縄移住を感じるため、2週間半という長めの期間をステイしてみた。

沖縄という被写体がすべての写真をステキ色へ@アラハビーチ

★★沖縄移住プラニングへ7つのSTEP★★

●STEP1 沖縄への玄関口は3島あり

 行ってから気づいたけど、沖縄といっても、移住をチェックする旅先としては大きく3島にわけられる。那覇もある沖縄本島・宮古島・石垣島。この3島から近場の小島へはフェリーが出ている。逆に、この3島間は距離が遠すぎて、移動を飛行機でしなければならない。

 隣りの島と言えど、離島間は格安航空券がなく、ひと昔前の高いコストのまま。LCCという格安航空券の恩恵をあずかれる現在、一度本州へ逆戻りしてから隣りの島へ行くほうが割安。

 つまり、同じ沖縄と言う枠ではなく、別の旅先と考え、わけて訪れるべきだ。まずは、この有名な3島のどちらへ訪れてみたいか、妄想から始めよう。

●STEP2 安い家賃がごとくに安宿を目指そう

 もし移住するときは、安い家賃を探す。同様にまずは安宿へ移住してみよう。2万円のホテル滞在だと、そこから2万円の喜びを求めたくなる。お金持ちじゃなければ、せっかくのバカンス先なのに、あわただしくなりリラックスできない。安宿のほうがホテルからの見返りを求めないので、リラックスできる。

【高価すぎるホテルはバカンスに非ず】by 人生の賭け方

有名ビーチは海がきれいすぎる @ エメラルドビーチ

次のページ 
STEP3~6

1
2
3
勝率9割の選択

自らの人生は、自らの手でつかむ!!

ギャンブルだけで世界6周

15年、82ヶ国、500のカジノを旅した、勝負×旅エッセイ!





おすすめ記事