スポーツ

“NFLの大物”LTとビガロの選択――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第188回(1995年編)

 LTは11分42秒、コーナーサイドのセカンドロープ上からのフライング・フォアアームでビガロをフォール。NFLプレーヤーたちがリングにかけ上がりLTの勝利を祝福し、リング下ではビガロとマネジャーのデビアスがなにやら口論するというシーンが“レッスルマニア11”のフィナーレになっていた。  このとき現役引退から2年が経過していたLTはその後、俳優として映画『エニイ・ギブン・サンデー』『ウォーターボーイ』などに出演。2003年にニュース・ドキュメンタリー番組『マイク・ワラスの60ミニッツ』(CBS系)でNFL在籍時代から引退後の数年間、ドラッグ依存症だったことをカミングアウトした。  ビガロはこの試合をきっかけにベビーフェース路線を歩みはじめたが、まったく同時期にショーン・マイケルズもベビーフェースに方向転換したため、結果的にビガロは“番付”的にはかなり損をした。ビンスの関心は5月からスタートを切るミニPPV“イン・ユア・ハウス”に移っていた。(つづく)
斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます 文/斎藤文彦 イラスト/おはつ ※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事