雑学

素人がいきなり客前でDJデビュー! クラブにすら行ったことないのに…

 極限は、備えある者だけが乗り越えられるものではない。急転が付きものの人生には、付け焼き刃でなさねばならないこともある!? そんな状況を想定し、とにかく“いきなり”何かをやってみた!

クラブにすら行ったことのない記者はDJをできるのか?


音響機材の無数のボタンやメーターにたじろいだが、操作する部分は意外と少ない

 クラブDJについて「レコードをこすったり、片耳だけヘッドホンを当ててカッコつけてる人」という貧しいイメージしかない記者N。そんなNに、東京・湯島のDJバー「UNDERCONSTRUCTION」のDJcirKus氏はこう説く。

「DJの役割の基本は、曲と曲が途切れないようにスムーズに切り替えることなんです」

 片耳ヘッドホンは別にカッコつけているわけではなく、次の曲の頭出しができるように準備をしているとのこと。当日は、好きなCDを持ってくるよう言われていたので、きゃりーぱみゅぱみゅや椎名林檎などを持参したNだが、cirKus氏から「選曲がチャラい」とさっそくダメ出しが……。

次のページ 
不要な「間」を空けてはいけないのがDJ

1
2




おすすめ記事