雑学

カラオケは短時間で上手くなれるのか? 山形ユキオのボイトレ指導を受けてみた

 極限は、備えある者だけが乗り越えられるものではない。急転が付きものの人生には、付け焼き刃でなさねばならないこともある!? そんな状況を想定し、とにかく“いきなり”何かをやってみた!

【ボイトレ】

ボイトレ直後に歌うカラオケに見違えるほどの変化が!


「帽子やおもちゃのギターなどで、歌手気分になりきるのも効果的」(山形氏・写真右)

 歌がうまくなれば、人生もっと楽しくなりそうだ。「百獣戦隊ガオレンジャー」の主題歌などで知られる歌手の山形ユキオ氏に、カラオケボックスでボイストレーニングの指導を受けた。

 ボイトレには情感を込めやすい曲が向いているとのことで、山形氏が提示した課題曲は松崎しげるの名曲、「愛のメモリー」。まずは原曲キーで歌ってみたが、高音が苦しく、絞り出されるダミ声に、同席していたSPA!編集も渋い顔。

「無人島で上空のヘリコプターに救助を求めるイメージで、『助けてー!』って叫んでみて」(山形氏)

 店員がビビりはしないかと心配だったが、思い切って叫ぶと、自分でもびっくりするぐらい力強い声が腹から出た。

「今度は逆に、暗闇の中でそっと囁くように声を出してみて」(同)

 ひそひそ話をするような声がマイクで拡張されると、ふむ、我ながら良い声をしている。

「腹をパンチされたら思わず『ウッ』って声が出ますよね。そんな声も使えますよ」(同)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1214940

次のページ 
短時間でも効果あり!

1
2
★11月2日、日本コロムビアより『山形ユキオ オール・タイム・ベスト~黒吠~』がリリース。詳しくは公式HP参照

山形ユキオ オール・タイム・ベスト~黒吠~

山形ユキオ初のベスト・アルバム!





おすすめ記事