スポーツ

“サマースラム96”HBK対ベイダー――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第231回(1996年編)



 この時代のWWEは“複数スター制”で、アナログ・レコードでいうところの“A面”の主人公はあくまでもショーンだが、“B面”のスーパースターはアンダーテイカー。明るさと暗さ、軽さと重厚さ、楽しさと怪しさ、女性ファン向けと男性ファン向けといったぐあいにターゲット層のすみ分けがなされていた。

 この日、“骨つぼ争奪ボイラー・ルーム・ブロール”と題しておこなわれたアンダーテイカー対マンカインド(ミック・フォーリー)のシングルマッチは、マネジャーのポール・ベアラーのまさかの裏切り行為でアンダーテイカーがKO負け。マンカインドはベアラーとの緊急合体で大物ヒールの仲間入りを果たした。

 WWEはこの“サマースラム”以降、AOW(アダルト・オリエンテッド・レスリング)というオトナ向けの新路線を模索していくことになる。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

1
2
3





おすすめ記事