恋愛・結婚

ナンバーワンほど素敵な商売はない・高級クラブ編【コラムニスト木村和久】

 クラブで一番喜ばれるのは、ほかのお客さんを沢山連れて来る場合です。ですから、イキのいいヘルプ嬢を取り揃え、取引先の「枝葉」となる社長連中を巻き込むのがベストです。噂も「あの店は、若くて綺麗なコばっかりで、しかも口説ける」と、評判になればしめたもの。色気たっぷりのチーママは、太客が連れて来た、遊び人社長の分の売り上げも吸い取り、ナンバーワンの称号を得るのです。  日本の三大高級クラブ街といえば、東京銀座、大阪北新地、京都祇園と相場が決まっていますが、結構あなどれないのが祇園です。あそこはクラブ街と舞妓、芸妓のお茶屋街に分かれていて、総じて祇園と呼びます。  祇園の怖いのは1000年の都ゆえ、毎週年中行事があることです。その都度、何かしらのイベントがホステスとお茶屋の両方から攻めてくる。都踊りといえば、「綺麗なべべを買ってあげなきゃ、はいご祝儀」とかね。葵祭、祇園祭、時代祭の三大祭りに始まり、大文字焼き、花見、七夕、紅葉、など延々に歳時記が続きます。これは、文豪・谷崎潤一郎が描いた美人四姉妹の物語「細雪」のリアルな再現といえましょう。ほんとお金がいくらあっても足りません。  もちろん外部の人間は、なかなかそこに入り込めませんが、運よく入っても恐ろしいレートに後ずさりします。京都のナンバーワン嬢と付き合った、某男性は、別れる時にあるものをせがまれました。 「思い出が欲しいの~」 「思い出ってなんや、着ものか、宝石か?」 「うう~ん、お・う・ち」
木村和久

木村和久

 あほか~。噂では払ったらしいですけど。粋に生きるってほんと大変なことですね~。 ■木村和久(きむらかずひさ)■ トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦。著書に『50歳からのかろやか人生』
1
2





おすすめ記事