雑学

ウィーン・ドナウ川のほとりは全裸天国! 死ぬまでに行きたいヌーディストビーチ【東欧編】

15年間、世界中のカジノを放浪して勝ち続けてきたプロギャンブラーのぶき。「『人生』とは自分軸で生きること、『賭け方』とはこの1時間をどう使うかの戦略だ」と言い切る。世間体から解き放たれ、「スマイル基準」で人生を勝ちへ導く男が語る生き様論。

プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」〈第36回 死ぬまでに行きたいヌーディストビーチを紹介するよ【東欧編】〉

 僕は『死ぬまでにするリスト』を作っている。マジでお勧め。自分の人生はどこへ向かっていくべきか? 人生という大海原に、羅針盤があるほうが加速できる。

【死ぬまでにするリストで人生を加速せよ】by 人生の賭け方

 僕の人生は『死ぬまでにするリスト』を消しにいくことで、絶好調になれた。ポーカープロとして安定したご褒美で訪れた「オーロラ」もリストに入っていた。ポーカープロとして頑張ったご褒美として、『死ぬまでにするリスト』の海外編で、最後に残ったとこがある。

 25歳のとき、アメリカのマイアミにトップレスビーチがあると聞いて訪れた。モデル級の美人さんが、おっぱいをでぇ~~んと露出してくださっている。感謝でしかない。とはいえ、堂々と出していただくと、エロさがない。エロさとは、チラリズムや隠すことで育まれる恥じらいも大切と学んだ。では、ヌーディストはどうなのか?

 中欧オーストリア・ウィーンのドナウ川沿いにもヌーディストゾーンがあるらしい。ヨーロッパでは、ヌーディズムを通称FKK(FreiKörperKulturの略)とも呼ぶ。大都市ウィーン近くのヌーディストゾーンだと、ヨーロッパ文化に触れられる気がする。では、さっそく音楽の都ウィーンへ♪ この街はクラシック・ミュージックが特に素晴らしい。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1361344

モーツァルトの生家。ベートーベンやショパンもこの街に住んだ

ストリート・ミュージシャンのクラシック部門が世界最高

ウィーン・フィル・ハーモニーの本拠地「楽友協会」

 ここは、世界超一流のクラシック。世界3大オーケストラのひとつ。それがなんと! 立ち見だと、たったの1000円なこともあり。

【一流を感じよ】by 人生の賭け方

 三流のオーケストラを聞いても、自分がオーケストラ自体を好みか判断するには情報不足。一流のオーケストラを聞けば、対象を全体から俯瞰できることで、物事を把握しやすい。僕自身の経験だけど、一流と三流はプロ意識がぜんぜん違う。

散歩して出あったベルヴェデーレ宮殿

王宮もすてき! たまたま出あった建物がすてきなのは、街がすてきな証

次のページ 
メインのヌーディストビーチはどこだ?

1
2





おすすめ記事