恋愛・結婚

明日から「男がメイクをしないといけない社会」になったら、どんなに大変か想像がつきますか?【カリスマ男の娘・大島薫】

 見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

 少し前から海外で流行しているネタ画像があるのをご存じだろうか?

 日常で我々が感じる男女の違いを比較して、思わず「あるある」と頷くと同時にユーモラスなオチに持っていくという、大喜利的なネタなのだが、簡単に一例紹介してみよう。

⇒【画像】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1369120

 こちらの画像は「朝起きたときの様子」を男女で比較して紹介している。一枚目のコマは6時30分のアラームを知らせる時計の写真。男女ともに「起きる時間だ」と目覚める。そこから女子はシャワーを浴びて、髪の毛をセットし、お化粧に食事と大忙し、その後「お母さん行ってきます!」と出かけて行く。

 一方男性は、「起きる時間だ」と言ったにも関わらず、二度寝でグッスリ。髪型も変わらずそのまま出かけて行く……という、思わず男女ともに「わかる、わかる」と思ってしまうようなわかりやすい男女の違いを表現している。

 ボクはこの画像で言うところの、男女の例の両方を体験しているわけだが、たしかに考えてみれば、いまの見た目になって男性のときより起きる時間が1時間早くなったことを思い出した。

 これをお読みの男性で、よくこんなことを言ってしまう人はいないだろうか?

「女は準備に時間がかかるよな」

 まー、そりゃ、ボクも男性の見た目しかしていないときはそう思ったものだ(笑)。正直なんら悪いことはない。なぜなら、ボクら男性は女性の生活を知らないだけなのだから。

女性の「髪の毛を乾かす手間」を甘く見てはいけない


明日から「男がメイクをしないといけない社会」になったら、どんなに大変か想像がつきますか?【カリスマ男の娘・大島薫】

大島薫

 ボクはどちらかというと、男性の格好で生活をしていたときでも、わりと見た目には気をつかっていたほうだと思う。髪の毛のセットなども結構時間をかけていた。いわゆる朝シャン派なので、シャワーの時間とセットの時間を合わせて1時間くらい準備にかけていただろうか。

 いまの女性の見た目だとメイクの時間が当然あるわけだが、仮にそれを除いた、同じ「髪の毛」と「シャワーの時間」だけを比べたとしよう。それでもいまの見た目だと1時間半は時間をさくことになる。どうして同じ作業なのに、女性の見た目のほうが時間がかかるのだろうか?

 髪の毛が乾かないからだ。男性の髪型ももちろんさまざまだが、概ね女性より短い人が多いだろう。もう、なんだったら、髪の毛を乾かすのと、メイクの間に一回休憩を挟みたいくらい、ロングの髪の毛を乾かすのは面倒な作業だと思う。

 その後もメイクが待っているわけで、ちなみにボクの場合はメイクの時間がだいたい15分くらいだから、この時点で1時間45分を必要とする。それとボクの場合はその日の服装を考えなければいけないので、迷うとさらに時間がかかる。女性の服の種類は膨大だ。パンツなのかスカートなのかですでに男性の2倍の選択肢が存在する。

「そんなに面倒ならショートヘアにスッピンで生活すれば?」

 そんな風に思った男性がいるのではないだろうか? まあ、たしかに髪の毛を切ってメイクを落とせば男に戻れるボクに対してはそうだろう。しかし、これが女性を取り巻く社会の難しいところなのだ。

次のページ 
学校では禁止されていたことが社会人だと求められる

1
2




おすすめ記事