恋愛・結婚

少女の首を絞めた「心臓フェチ」男の人柄は? フェチモデルの女性が告白

玉響桃乃

玉響桃乃さん

「フェチ」という言葉がある。足フェチ、髪フェチなどなど……特定の種類の物に異常な執着・偏愛を示す人を指す「フェティッシュ」の略を表す言葉だが、先日そんなフェチの世界で逮捕者が出た。  10月3日、「フェチケットジャパン」社長の天本涼太容疑者(29)が、SNSで出会った「心臓の音」に興味のある少女(17)の首を絞めて失神させるなど軽傷を負わせ、未成年者誘拐と傷害で7日、大阪府警に逮捕された。本人は容疑を認めている。  府警は、天本容疑者が「互いの心音を聞き合おう。首を圧迫して快感を得る方法を教える」などと少女を誘い出したとみて調べており、少女が帰宅後家族に相談して発覚した。少女は「思ったより強く首を絞められた」と話しているという。  今回この事件を取り上げたのは、この天本容疑者と逮捕前に接点があったという方が筆者の友人内にいたためだ。フェチモデルの玉響桃乃(たまゆらひめの)さん。彼女に『心臓フェチ』だったという天本容疑者の逮捕前の人柄に触れつつ、危険と隣り合わせのフェチの世界についてお話を伺おうと思う。

真面目で清潔感もある良い方の印象

 フェチモデルというのはなんですか? 「様々な性癖をお持ちの方に向けた、映像作品や写真作品に出演しています。自分でコンテンツなども製作していますね」  天本容疑者とはどこでお知り合いになりましたか? 「fetish coin projectという天本さんの会社で立ち上げた、フェチに興味がある人と、フェチコンテンツを制作する人をマッチングさせるようなコミュニティーサイトがあって、私もフェチコンテンツ制作者として登録してくれないかというオファーをいただきました。結果、一緒にお仕事することはなかったですけど……」  実際の天本容疑者はどのような人物でしたか? 「すごく真面目で清潔感もある良い方で、話し方も気をつかえる人だなと思いました」  天本容疑者の件について、周りの人はこのような印象だったと答えている記事は他にもある。 「天本さんは嫌なことはしない、嫌がったらすぐやめることを徹底していました。きき合い以外の行為はなく、後で楽しむ用に録音もしました」(週刊女性PRIME 2020年10月22日配信「少女の首を絞め失神させた「心臓フェチ」男、“性的興奮”を商品化したエグい手口」より抜粋)

心音だけでなく心臓そのものに興味

「話の内容は結構ドぎついものもありました…。心音だけでなく、心臓そのものにも興味があるらしくて、日本で手に入らないような海外で製作された内臓の写真集などを持っていました。実際に見せてもらったんですけど、正直グロテスクだなぁとは思っちゃいましたね」  玉響さんはフェチモデルとして、フェティッシュな撮影を色々経験されているとのことですが、その中に『心臓フェチ』向けのものはありましたか? 「ありましたね。天本さんとの撮影ではないですけど、他にも心臓フェチコンテンツを作っている人はいるので。心臓フェチの方って心臓の音をただ聞くのではなくて、心臓の音を聞きながら息を止めてみたり、走ることで鼓動が速くなる様子を感じたりすることに興奮を感じる人が多いらしくて、そういう内容のものが多かったです」  では、この天原容疑者の「首を絞めた」という行為も、それはそれで心臓フェチとしてのプレイの一環であったわけですね。 「そうだと思います」
次のページ
「腹パン」の撮影には身の危険を…
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事