ライフ

牡蠣にのどぐろ。冬の高級素材を楽しめる駅弁たち<第53回駅弁大会ルポ第5弾>

 最後は、春のイメージがあるが、実は冬が最も脂が乗り、旬と言われる金目鯛。これを前面的にフォーチャーしたのが「金目鯛の味くらべ膳」(1100円/静岡県 東海道本線 熱海駅)。こちらも輸送駅弁のコーナーでゲットしたが、外箱が鮮やかで、かつ、三種類の金目鯛の味が写真入りで載っていたので“ジャケ買い”してしまった。  蓋を開けて、まず目に飛び込んでくるのは大ぶりの金目鯛の照り焼き。箸で掴むとズシリと重いが、スッと箸が入る柔らかさ。歯ごたえ良くプリプリとした食感、照り焼きのタレが上品で鯛の味が引き立っている。味付けご飯の上にはおぼろ。金目鯛のおぼろだという。初めて食べたが甘くてちょっと懐かしい味。香りが良くこれが高級魚のおぼろだということがわかる。香ばしい、高菜のごま油炒めと伊豆名産の桜えびの素揚げがご飯にあう。

大ぶりの金目鯛の照り焼き、金目鯛のそぼろ、高菜と桜えびの素揚げが上下を固める

炙り金目鯛の酢漬けはちょうど良い〆具合

 左側には金目鯛のちらし寿司。炙って〆た金目鯛の酢漬けが2切れ。しっとりした身は甘みがあってしみじみ旨い。真ん中に陣取るたけのこは春を感じさせる味。3種の金目鯛の食べ比べが実に楽しい駅弁、これで1100円はコストパフォーマンス的にも優れているのではないか。  2週間に渡る大会もいよいよ折り返し。駅弁記者は明日以降も会場に出没し、注目の味、鉄板の味、隠れた逸品、珍品をレポートします!<取材・文・撮影/駅弁記者(参加=11年連続16年目)>
1
2
3
【第53回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会】
1月10日(水)~23(火)
京王百貨店新宿店7階大催場
午前10時~午後8時 ※17(水)は午後5時、23(火)は午後6時閉場
https://www.keionet.com/info/shinjuku/ekiben2018/index.html
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事