エンタメ

終わってほしくない「20年以上続くTV番組」ランキング 5位に『ザ!鉄腕!DASH!!』、1位は…

TV

TOP5を発表…あの国民的番組が1位

 19人からの得票で5位に選ばれたのは『ザ!鉄腕!DASH!!』。TOKIOのメンバーたちが汗水たらし、体を張って様々な企画に挑戦する姿が多くの共感を呼び、いわゆるアイドルの新路線を切り開いてきたといっても過言ではない。 「(DASH)島や海岸など、今やりかけのことを放置してほしくないから」(和歌山県・41歳女性)  番組が終わることになってしまえば、進行していた企画も強制終了となってしまうだろう。『ザ!鉄腕!DASH!!』でメンバーたちが物事に一生懸命に取り組む姿勢を子どもたちに見習わせたい親も多いだろう。 「日曜日の夕ご飯のときに家族と話しながら見ることのできる番組で、全員が好きだから」(新潟県・50歳女性)  4位は、1986年から放送されている『世界ふしぎ発見!』。その理由を見てみよう。 「なかなか海外には行けないので」(北海道・56歳女性) 「見るだけで行った気分になれて、様々な情報も得ることができる」(愛知県・51歳男性)  世界各地の“不思議”をミステリーハンターが現地まで赴きレポートする同番組。実際に旅行することは難しいかもしれないが、見ているだけで「行った気分になれる」ことが人気の所以だ。
 3位は、1973年に日本テレビ動画でアニメ化され、その後1979年から2度目のアニメ化。時代の変遷と共に、声優の変更などを経て老若男女から人気のアニメ『ドラえもん』。 「日本を代表するアニメだから」(東京都・45歳女性) 「ドラちゃんの声を聴きながら『あぁ、今週も頑張った!』と安心する」(東京都・40歳女性)  ドラえもんは、日本だけではなく、アジア圏を中心に世界中で“国民的アニメ”として愛されている。  2位は、32票を獲得して『サザエさん』。昭和の頑固親父の怒鳴り声やゲンコツを見る機会も少なくなりつつあるが、刻々と時代が変わりゆくなかでも忘れてはならない“一家団欒”。今でもその姿がサザエさんからは見てとれるだろう。 「日曜日の安心感がある」(新潟県・42歳女性) 「小さな頃から見ているし、1週間のシメみたいなものだから。ほっこりする」(徳島県・45歳女性)  そんな同作だが、なかにはこんな声も。 「スポンサーが東芝から変更になって、今後は内容がどう変わるか興味ある」(茨城県・56歳男性)  昨年11月、大きな話題を呼んだスポンサー降板騒動。東芝は経営合理化のため3月で終了。今後は「アマゾンジャパン」「西松屋チェーン」「大和ハウス工業」の提供となる。
次のページ 
あの国民的番組が1位
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事