恋愛・結婚

「何歳からオッサン?恋愛はありえる?」20代プロ女性が残虐コメント

 財務次官の福田淳一氏のセクハラ発言など、連日トップニュースに女性関係のスキャンダルが浮上している。ここで問題となる男性はいつも40代以上の“いい年のおっさん”だ。いくつになっても恋愛をしたい、若いコと遊びたいというのが気持ちが衰えないことは健全と言えるのかもしれない。が、年齢的にもただの中年男性であることを自覚しなければ大きな失態に繋がることは、有名人にかぎらずサラリーマンも他人事ではないだろう。

 一つ、興味深い話がある。オヤジ向けのWEBマガジン『Hot-Dog PRESS』No.175(講談社)の調べによると、「40オヤジはズバリ恋愛対象ですか?」という20代女性を対象とした質問に(たった)18%の女性が「好みのタイプならOK」と答えたという。

 では好みのタイプとはどういう人なのか見てみると、一般の40代男性が20代女性と恋愛するのが絶望的なのがわかる。同誌の「40代男性の好きな有名人ランキング」には、竹野内豊や西島秀俊などの現実とはかけ離れた存在のイケメンが並ぶ。つまり18%の20代女性が「好みのタイプならOK」と言っていても、若い女性の好みのタイプの40代男性など、一般的には存在しないと言ってよいのだ。

「40代男性との恋愛は99%ない」


 このようなデータは実際にどの程度有効なのか。連日のおじさんスキャンダルを受け、日刊SPA!取材班では都内に住むキャバクラ、風俗に勤務する20代女性の生の声も聞いてみた。

「個人的に40代はアリ。でも、カネ持っててうちらを楽しませてくれる人であって、そうじゃない人は『なんで生きてんの』って感じ。カネもないフツーのおじさんが若いコの店に来ても払うカネもないし、まったく眼中にない」(23歳・六本木・キャバクラ嬢歴4年・港区在住)

「前に付き合ってたのは原発も作っている大手家電メーカーの56歳の執行役上席常務。川崎の夜の店で働いてたときに付き合ってました。アウディのA5カブリオレを買ってもらったのはいい思い出です」(25歳・六本木・キャバクラ嬢歴5年、不動産業との掛け持ち・港区在住)

「別にキャバクラじゃなくても、40歳以上でカネ持ってないおじさんが若いコを楽しませられるわけがないと思う。一緒に過ごしている時間が発生した時点でカネがほしい。正直、それは昼も一緒。会社にいるクサくてキモくてつまんない上司だと1分話すだけで1000円とかのオプションでカネ取りたい。40歳以上のおじさんとの恋愛なんて99%ない。迫られたら絶対逃げる」(26歳・元池袋の風俗嬢、現システム会社勤務・新宿区在住)

 おじさんが相手にされたければ経済力は大前提のようだ。にも関わらず『紀州のドンファン』(野崎幸助・著、講談社・刊)のような物語に憧れ、若いコ目当てに行動に出てしまうおじさんは少なくない。

次のページ 
“30歳以上の時点で十分おじさん”論

1
2




おすすめ記事