雑学

3大コンビニの“肉おにぎり”を食べ比べ。ガッツリ肉に驚いた一品も

 最近のコンビニは本当に便利だ。かつては「便利な分だけ高くてまずい」というイメージもあったが、それも昔の話。いまのコンビニ飯と言えば「そこそこ安くて美味い」である。

 日本式コンビニは、海外からも評価が高いという。そんなコンビニ飯を筆者がひたすら食ってレポします。

3大コンビニの肉おにぎりを実食レポ


 おにぎりは日本人の魂である。昔からその具材と言えば、梅とかかつおぶしだったわけだが、昨今はいろんなものが握られている。

 なかでもガッツリ系の肉系おにぎりって、これはもう牛丼を握った感じ? なにそれ国民食じゃん! というわけで、今回はローソン、ファミリーマート、セブンイレブンの3大コンビニで発売されている牛肉のおにぎりを比較してみた。

 実際に並べてみると、これまた各社で方向性がぜんぜん違う。

肉おにぎり・ローソン「厚切り牛ハラミ」248円
・ファミリーマート「具、たっぷり!ピリ辛肉みそ」138円
・セブンイレブン「アンガス種牛肉 牛めし」140円

 さて、それぞれのお味はいかがなものだろうか……。

セブンイレブン「アンガス種牛肉 牛めし」はベーシックなお味


 まずは国内最大のコンビニチェーンであるセブンの牛めしから。

肉おにぎり 3社の中で唯一、パリパリの海苔です。中には牛肉がギッシリ。

肉おにぎり 食べてみると、ミロ~ンとした牛肉の食感がする。まさに牛丼に入っているあの牛肉の感じ(のもっと細かいやつ)。味はベーシックな牛肉のタレ系だ。

ファミリーマート「具、たっぷり!ピリ辛肉みそ」は名前どおりピリ辛


 3社の中で一番安いのがファミマ。値段は138円。

肉おにぎり タイトル通りこちらも具がギッシリ。

肉おにぎり そして、またタイトル通り、ピリ辛でちょっとハヒハヒする。味は主張してるが、肉は大人しくて肉食感ほぼなし。ピリ辛は百難隠すといった感じだろうか。

次のページ 
ローソンは…

1
2





おすすめ記事
この記者は、他にもこんな記事を書いています