雑学

埼玉県随一の高級ラブホはロードサイドにあり/文筆家・古谷経衡



驚愕のルームサービスメニュー


 さて、本題の『ナパバレー』の紹介だが、普通国道沿いに郡立するラブホテルは、「設備は中堅、値段は格安」と相場が決まっている。が、この物件は、(部屋にもよるが)実のところそこまで安いラブホテルでは無い。しかしその内装・設備たるや国道4号線沿い埼玉県南部ではまず地域随一の「高級ラブホテル」であると言って良い。

 なぜに独りラブホテルが目途の私が、このような高級な宿に泊まる必要があるのか、といぶかしがる読者諸兄も居られよう。いやいや、私だって人の子である。たまには贅沢だってしたいんだ!
 ということで、この宿へ泊まるときはとっておきの気分転換の時とか、所謂「自分へのご褒美」の時だけに限られている(とはいえこの宿に数十万円単位で落としているのも事実である)。『ナパバレー』の目玉は、なんと言ってもファミリーレストランを遙かに凌駕するルームサービスメニューと、名物の「100円カレー」である。
イマドキのラブホテルには珍しく、「一度入館すると外出不許可」というルールがあるため、逆に覚悟を決めて缶詰になって原稿に打ち込むことが出来る、という私流のメリットも大きいのである。

ルームサービスメニュー

そんじょそこいらのファミレスを凌駕するルームサービスメニューの豊富さ。朝昼晩の心配なし!

 国道沿いをあてども無くさまよい、「ここぞ!」と決めたホテルに入ったが最後、幽霊が出そうな前近代的なラブホだった経験は、読者諸兄にもあろう。独りの場合は特段の問題ないが、それがデートだった場合、その雰囲気は畢竟台無しになる可能性大。しかし当物件『ナパバレー』の場合その心配は一切無い。「えー、こんな綺麗で近代的で都市的なラブホテル知ってるの~!すごぉ~い!」と貴兄の評価はうなぎ上りに高まること請け合いである。私が自信を持ってオススメしたい「国道沿いラブホテル」のひとつである。

名物税込み100円のチキンカレー(日にち限定)。味は……普通です

●ラブホテルQ&A 
Q. そもそもラブホテルが国道沿いに多いのはなぜですか?

A. ラブホテルが国道沿いに多いのではなく、国道が先に出来てラブホテルが後から乱立していったのです。国道が開通した当時、当然国道周辺は農村地帯。ラブホテルを建設しても、反対する住民が殆ど居らず、用地取得も容易で、お上の許可も出やすかったのです。その後に開発の波が押し寄せ、国道沿いが住宅地とラブホテルの混在となりました。つまり順番は国道開通→ラブホテル→住宅分譲です。

ふるや・つねひら。‘82年北海道生まれ。文筆家、評論家。一般社団法人日本ペンクラブ正会員。ネット保守、若者論、社会、政治などで幅広く評論活動を行う。著書に『日本を蝕む極論の正体』(新潮新書)ほか多数。新刊に初の長編小説『愛国奴』(駒草出版)
1
2





おすすめ記事