R-30

「クリスマスは地獄」ジュエリーショップ店員たちが嘆くワケ

 日中もめっきり寒くなり、世間はクリスマスムード一色。筆者を含め、クリスマスには何の縁もないとお嘆きの読者諸兄にとってみると、苦痛でしかないこの季節。いや、我々以外にも、クリスマスを苦痛に感じている人々がいるのだ。

クリスマス

カップルにとっては待ち遠しいクリスマス。しかし、この季節を苦痛に感じる人々も少なくない

「クリスマスは“地獄”」ジュエリーショップ店員の嘆き


「11月頃から“キャンペーン”は始まります。最初は彼氏や親族、親にまで買ってもらっていました。とにかくクリスマスは一番のシーズン。この時期に売って売って売りまくらないと……」

 こう話すのは、都内の有名百貨店内のテナントに入る有名ジュエリーブランドのショップ店員・ケイコさん(20代・仮名)。ジュエリー業界とは“そういうもの”とはわかっていたが、入社後何年経とうが、この時期だけは「地獄」なのだという。

「カップルの入店があれば、何が何でも逃がさないように……。男性一人のお客様でも、たとえシングルのお客様でも“弊社のアイテムを持って愛の告白を”と後押しし、お買い上げいただくようプッシュしますが、一日に最低でも五人に売れと、厳しいノルマがあり、ここで失敗すると、ホワイトデーでは人の三倍四倍、働かなくてはなりません。本当に地獄ですね」(ケイコさん)

 ノルマの厳しさから、この時期にお店を逃げ出す従業員が続出するというが、やり手の係長や店長らは、プライベートでも涙ぐましいたゆまぬ努力をし、会社の売り上げに貢献しているという。

「店長(女性)が休みの日に、自らお客さんを連れて自社製品を買いに来ることもありました。係長だって、本命彼氏のほかにいつも何人か“要員”がいて、ねだっている姿を見かけます。新人の子は、あまりに上司からプレッシャーをかけられ、キャバクラでアルバイトをしながら客にねだったり、男友達に買ってもらったりしていました。挙げ句の果てに、自分のクレカを使って借金が150万を超えたところで体調を崩し、そのまま辞めちゃいましたけど……」(同)

 もはや「デート商法」そのもののような気がしないでもないが、この季節のハンパないジュエリー業界の厳しさをわかっていただけただろうか。

 さて、複数の彼氏などに買ってもらって所有することになった大量の自社アクセサリー。普段から嫌というほど触れて見て、売っている商品だから、本当は一つだって身につけたくないし、できれば見たくもない。ということで、ネットオークション、フリマアプリを通じて、そのすべてを売りさばくというのだ……。

次のページ 
クリスマス後にはフリマアプリで

1
2





おすすめ記事