ライフ

「もうラスト1点なんです」は意外と嘘じゃない。アパレル店員の本音と建前

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第310回目をよろしくお願いします。
メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

アパレル店員の営業トークは嘘ばかり?

 アパレル店員と喋っていると嘘か本当かわからないセールストークをかけてきます。 「よくお似合いですよ」 「一生ものですからね」 「もうこれラスト1点なんですよ」 「これ私も買って着てるんですよ」  今回はそんなアパレル店員の言葉、嘘か本当か解説していきましょう。

★「よくお似合いですよ」

アパレル店 20年近くアパレルの従事し……現場、人事、マネージャーと経験し、ありとあらゆるスタッフを見てきましたが「お客様が似合っているかどうか」で嘘をつく方は実はあまり見たことがありません。  というのも明らかに似合っていないものを全力笑顔で「すごい! お似合いです!」と言うのはなかなか困難。鋼のメンタルでないと冷や汗出ちゃいます(笑)。  そもそもそんな嘘などつかなくても、お店にはあらゆる選択肢があります。似合う似合わない、かっこいいかっこ悪いなんて、そうそう価値観はズレません。 「おしゃれな芸能人」とか「クラスで誰が一番かっこいい」とかたいがい誰でも認識同じでしょ? 価値観は千差万別といいますが、美醜に関する認識はそうそうズレなどありません。  じゃなかったら、万人から「かっこいい」「かわいい」といわれるアイドルなど存在するわけないので。

別のアイテムに誘導されたら…

 なので、「似合ってないな」と思ったら、たいがいのスタッフが正直に伝えます。ただ、バカ正直に「似合ってません」ではなく……さりげなく「こちらのほうがいいですよ」「こちらも似合うと思いますよ」など誘導してくれることがほとんどです。  微塵もイケてないのに「すごい! 最高! アンタが大将!」と言ってくるスタッフは知る限りほぼいませんのでご安心を。  誘導してきてくれたら、身を任せて「あ、やっぱり似合ってないんだ」と理解しましょう。
次のページ
「一生ものですからね」
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事