ニュース

「令和は女性の人権の時代になる」小林よしのりが平成を総括

令和は「女性の人権の時代になる」と断言

 そして平成も20年代になると、小林氏は天皇論やAKB論でもメディアから注目を浴びてきた。その天皇論の口火を切った1冊『ゴーマニズム宣言スペシャル・天皇論』(平成21年)は保守論壇でも好意的に受け止められたが、「女系天皇を認める」という部分だけは批判の的となったという。  また、最新刊の『ゴーマニズム宣言 2nd Season 第2巻』でも小林氏は「新天皇即位を寿ぐ」という作品で、女系天皇について言及。同作品を単行本の最後に収録した背景について、以下のように述べている。 「新しい天皇が新しい時代を築くはずだということと、平成時代の積み残しになった女系天皇の問題を、もっとしっかり議論をしなければいけないと思いました。天皇論も改憲論も描いたこの単行本自体が、平成時代の総括になっていると思います」  なお小林氏は、「女系天皇を認めない人々の考えの裏には男尊女卑がある」との考えを以前から述べていたが、新たに幕を開ける令和時代については「女性の人権の時代になる」と断言。2019年2月8日のブログでも以下のように宣言している。 「わしは特に自分のためではなく、不当に苦しめられている他人のため、さらに『言論・表現の自由』とこの国の民主制を守るため、さらに『公』のためならば、特攻隊の気迫で戦う覚悟がある。今、わしの中で論理構築が美しく出来つつあるから、今に見ているがいい」  平成を駆け抜けた小林よしのり氏は、令和の時代もまだまだ走り続けそうだ。 構成/古澤誠一郎 写真/渡辺秀之
1
2
ゴーマニズム宣言 2nd Season 第3巻

女性・女系天皇実現、アメリカからの脱属国、そして性暴力根絶etc. 劣化した日本を再生せよ!!


ゴーマニズム宣言 2nd Season 第2巻

終わりゆく平成。しかし、『ゴー宣』の「最期の戦い」はまだまだ終わらない!小林よしのりが平成を総決算!新天皇即位を寿ぐ


ゴーマニズム宣言 2nd Season 第1巻

あの『ゴーマニズム宣言』が、23年ぶりに『週刊SPA!』に復活!! 小林よしのり、最期の戦いが「より凶暴に」始まる!

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事