恋愛・結婚

あなたの恋愛がうまくいかないのは「他人に興味ないから」かもしれない

 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。  先日、数人の男性会員にこんなことを聞かれました。「何度かデートしていると、デートプランのネタがなくなります。いつもワンパターンになってしまうのも相手からしたら面白くないかなと思うのですが、何かいいデートプランありませんか?」

山本早織

 立て続けに同じ質問をされたので、私は驚きました。  私が提案するいいデートプランではなく、数回のお相手とのデートの中で、女性側から出た「ここ行きたい」「ここが楽しかったですよ」といった言葉を参考にデートプランを提案したり、「次のデートはどこ行きましょうか?」と直接聞いたりするほうが、お相手の女性に合わせたデートになるのでお互い楽しめるはずです。  しかし、彼らはなぜか常にデートプランを一人で黙々と考え、提案しています。  それでは二人で作り上げているデートとは言えません。なぜこのようなことが起こるのでしょうか? 恋愛が発展せず、「上手くいかないな」と思っている人のほとんどが実は「他人に興味がない」のです。

他人に興味がないのは、「自分を守る壁」

「いやいや、早織さん。今デートしている彼女に好意はありますよ」というあなたは、“好意”はあるのかもしれません。しかし、他人に興味が持てないから、彼女のことを深く知ることができないのです。
デート

※写真はイメージです(以下、同)

 では、他人に興味がない人は恋愛にも興味がないのでしょうか? 答えは「NO」です。  実は恋愛において他人に興味がない人は、自分にも興味がない。言い換えると、他人を知るのも自分を知るのも恐れている人が多いのです。これは過去の恋愛での失敗や上手くいかなかった経験の積み重ねによってできた、自分を守るための壁なのです。  という私も実は「お姉ちゃんって、ほんと他人に興味ないよね」と妹や両親から言われ続けてきた一人であります。  そう言われるようになったのは、16歳でグラビアアイドルとしてデビューしてから1年たったくらいだったように記憶しています。妹たちもそこそこ大人になり、私の人間性がわかった時期でもあったのかもしれません。  しかし、今の私を見て、妹たちが「お姉ちゃんって、他人に興味ないよね」ということはなくなりました。では、過去のアイドル時代の私と今の私で何が違うのでしょうか?
次のページ 
他人に興味を持てるようになった理由
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事