エンタメ

アンタッチャブルが再始動…別々に歩いた10年間を振り返る

 ボケの山崎弘也と、ツッコミの柴田英嗣で構成されるお笑いコンビ・アンタッチャブルが、10年ぶりとなる復活を果たした。  コンビが再始動したのは、11月29日放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)でのこと。そのなかで、アドリブ漫才を披露した2人はさらに、12月8日放送の『THE MANZAI』(フジテレビ系)にも出演し、ブランクを感じさせないキレのある漫才で観客を沸かせた。  近年では、それぞれがソロで活躍し、コンビでの共演がなかったアンタッチャブル。今回は、2人が別々に歩んだ10年間を中心に、アンタッチャブル復活までの軌跡を振り返る。

コンビ時代から個性を発揮していた山崎と柴田

 2004年に開催された『爆笑オンエアバトル』(NHK)第6回チャンピオン大会と『M-1グランプリ2004』(テレビ朝日系)で優勝したことをきっかけに、大ブレイクを果たしたアンタッチャブル。『M-1グランプリ』のなかでは、披露した漫才で歴代最高の得点を獲得するなど、実力派コンビとして名を馳せていた。
m-1

関西のお笑い芸人が強かった『M-1グランプリ』において、関西出身ではないお笑い芸人で初めての優勝したことでもアンタッチャブルは評価された。(画像は『M-1 グランプリ the BEST 2004~2006』よしもとミュージックエンタテインメントより)

 また、コンビとしての活動だけでなく、ソロでも実力を発揮していた2人。動物への造詣の深い柴田は、2009年に動物エッセイ集を出版。一方の山崎は、同じ年の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)において、「後輩・山崎に憧れている芸人」というテーマの回が放送されるほど、陽気なキャラクターで人気を集めていた。  年々活躍の場を広げていっていた2人だったが、2010年1月31日、突如柴田が無期限の休業を発表。この休業の理由について、柴田は後に、女性トラブルが原因であったと告白している。

山崎のテキトーなキャラクターが大ヒット

 柴田の活動休止によって、山崎ひとりでの活動を余儀なくされたアンタッチャブル。だが、この逆境のなかで山崎は、更なる躍進を遂げることとなる。  「後輩・山崎に憧れている芸人」企画がヒットしたことで山崎は、テレビ朝日系の『アメトーーク!』や、姉妹番組である『ロンドンハーツ』から重用されるように。そして2010年7月には、『~流行りモノ乗っかりバラエティ~ ザキヤマが来る~ッ!!』という冠番組が放送されるまでに至ったのだ。
アメトーーク!

『アメトーーク!』でフューチャーされたことがきっかけとなって再ブレイクし、“ザキヤマ”の愛称で親しまれるようになった。(画像は『アメトーーク!DVD 9』よしもとミュージックエンタテインメントより)

 その後も、お調子者のキャラクターに磨きをかけた山崎は、カンニング竹山や有吉弘行、お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史といった先輩芸人と、息の合った掛け合いを披露。バラエティ番組のなかで、確固たる地位を築き上げていった。

マイナスからプラスへとイメージを転換させた柴田

 一方の柴田は、2011年1月に芸能界へ復帰を果たす。しかし、活動再開後もテレビ出演の機会は少なく、休業中に売れっ子となっていた山崎と比べて、その存在感は希薄になっていた。その潮目が変わったのは、2016年6月のことだ。  FUNKY MONKEY BABYSの元メンバーとして知られている歌手・ファンキー加藤が、柴田の元妻とのW不倫の末、妊娠させていたことが発覚し、これを受けて柴田は会見を行うことに。そのなかで、以前からの友人である加藤を気遣う言葉を送り、元妻の子育てを支援する意向を表明したのだ。
 このW不倫への対応が、世間から好意的な態度で受け止められたことが、それまでの悪印象を払拭するきっかけとなったのか、メディアへの露出は急増。2017年には、山崎を凌ぐ本数のレギュラー番組を抱えるまでとなった。
次のページ 
2020年のアンタッチャブルはどうなる?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事