エンタメ

「アル中カラカラ~」泥酔系Youtube動画が衝撃すぎる…

 ゴザに直置きした食材を十得ナイフで乱雑に刻み、使い古された鍋や炊飯器にぶち込んで飯を作る。そして、それを食べながら、業務用の5Lウイスキーで作った超濃厚ハイボールをものの数秒で飲み干して、「アル中カラカラ~」という決め台詞を吐く。そんな、強烈な動画配信者がいま、Twitterを中心に密かなブームを呼んでいる。
wawawa

※画像は、wawawaのYouTube動画より

 その決め台詞から“アル中カラカラ”と称される動画配信者wawawaは、2015年頃からニコニコ動画をメインに活躍していた知る人ぞ知る人物。これまでの動画が、有志のファンによってTwitterやYoutubeに転載されると大きな話題となり、そのYoutubeチャンネルの登録者数は25万人を超える。その影響から、ハイボール片手に「アル中カラカラ~」と写真や動画をTwitterに上げる人まで……。彼はこれまで、数々の衝撃動画をアップしている。 ※編集部注 ・お酒の飲み過ぎには注意し、節度をもって楽しみましょう。また、本記事で登場する飲み方や食べ方などを推奨するものではありません。 ・Youtube等に転載されている動画は、wawawa氏の許諾をとれていない可能性があります。その場合は著作権侵害となります。

「濃い」「薄い」の概念を超えた“100%ハイボール”

 wawawaのハイボールの作り方は、ステンレス製の1Lジョッキに約半分ほどウイスキーを注ぎ、残り半分を炭酸水で割るという1:1の配合をデフォルトにしている。  これだけでも驚きだが、2017年6月30日に投稿された『100%ハイボールやってみたかも』では、その上を行く衝撃のハイボールを生み出した。なんと、炭酸ガスを注入する装置を使い、ウイスキーそれ自体を炭酸飲料にしてしまったのだ。  wawawaは、この狂気のハイボールを7秒ほどで一気に飲み干し、さらにおかわりする姿まで披露。おつまみのピーナッツとタバコを嗜みながら、2杯目を楽しむ様子が映し出されると、視聴者からは「死の三角食べ」という、キレキレのコメントが寄せられた。

“賞味期限切れの冷凍肉”で作るソース煮込みに視聴者絶句

 wawawaは、ほとんどの動画で自炊を行なっているが、その際には、使い古された炊飯ジャーを用いることが多い。これに具材を投入しては、様々なアイディア料理を生み出してきたが、とりわけ視聴者に大きなインパクトを与えたのは、2019年9月13日投稿の『熟成肉とほうれん草のソース煮込み。食べてみた【アル中カラカラ】』で作られた料理だ。  タイトルでは“熟成肉”とされているが、実際に登場したのは、冷凍庫に放置していたという消費期限が2年前の豚ロース、3年前の若鳥のひき肉、3年前の冷凍ほうれん草、1年前の串カツソースだった。ここにwawawa流レシピではおなじみの、味の素詰め替えパック一袋、一味唐辛子1瓶を投入して加熱。 「できたー!」という楽しそうなダミ声とともにフタを開けると、茶褐色に煮えたぎった何かが……。視聴者から「東京湾」というコメントが付けられてしまったそれを、wawawaはノリノリな様子で実食。酔ってテンションが上がってしまったのか、「うぅーばぁーん!」という叫びとともに、5Lウイスキーの空ボトルを投げるといった衝撃シーンまで見せた。
次のページ
禁断の調味料“アル中パウダー”とは?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事