エンタメ

「こんな旅をしてみたい」とSNSで話題。男二人の北海道旅漫画、作者の狙い

 Twitterに投稿された漫画『漫画家が芸大生といきなり北海道に行ってハードオフと戦う話』が、2.9万リツイートに9.1万いいね以上という爆発的な反響を呼んでいる。

SNSで話題を呼んだ漫画の作者を直撃

電気街

無軌道な旅ゆえに燃えていた電気街さんだが……(画像は電気街さん提供)

 本作は、漫画家の電気街さん(@denki_gai)とその友人のYさんが北海道旅に挑むのだが、道中、無軌道と思われた旅の裏に機械好きのYさんが極北のハードオフに行きたいという計画があったことが明かされ、電気街さんはその“策士ぶり”に一矢報いてやろうと、無茶な行程を提案するが……という内容。  Yさんの上を行こうとする電気街さんの地味な抵抗と、旅の微笑ましさがおかしさを醸し出しているが、今回は、そんな漫画の作者本人を直撃し、漫画の誕生秘話を伺った。

サラリーマンから漫画家へ。夢を後押ししてくれた恩人の言葉

 現在、プログラマーの仕事をしつつ漫画家として活動中の電気街さん。なぜ、漫画家を目指すようになったのだろうか。 「“何か物語を作る仕事がしたいな~”と思っていたんですが、現実を見て普通のサラリーマンになりました。そんな折に、ある会社の社長さんと飲む機会があり、“本当は漫画家目指してみたかったんですよ。会社辞めちゃおうかな”とこぼしたところ、“じゃあ明日辞めればいいじゃないですか。無意味なことしている時間はもう無いですよ”と真剣に答えてくれたことが後押しになりました。一瞬を後悔したくないという気概は、本作にも出ているかもしれませんね」(電気街さん、以下同)
次のページ
コロナ禍だからこそ…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事