ライフ

カイヤ、麻世に匹敵? 熟女キャバ嬢が体験したドロドロ離婚劇

夫が雇用形態を偽っていた

キャバクラ接客

写真はイメージです

 続いて話を聞いたのは大阪の熟女キャバクラに勤める綾子さん(仮名・32歳)。綾子さんの離婚劇は、なんと夫が雇用形態を偽っていたというものだ。 「飲食事業会社で働いていると言っていた前夫。美味しいレストランもたくさん知っていて気前も良くて、水商売しかしたことなくて世間知らずだった私は早く専業主婦になりたかったこともあり、出会ってすぐに結婚を決意しました。  彼の嘘が発覚したのは2人で暮らす新居のマンションを借りたとき、マンションの契約書の職業欄に『契約社員』と書かれてあるのを見つけてしまったんです。すぐに夫を問い詰めると『以前、働いていた会社が事業に失敗して負債を抱えて倒産したので今は契約社員として働いている』と言われました……。  さらにその後、夫の嘘が次々と発覚。気前が良いと思っていたのは給料をすべて飲み代やご飯代に使っていて貯金はゼロ……。付き合っているときからその片鱗はあったのですが、彼、ものすごい見栄っ張りなんですよ。インスタ映えだけのために流行りの飲食店にはすぐ行くし。職業柄、仕方ないのかもしれませんがお前は契約社員の身分だろ? って感じ。  結局、嘘をつかれていたことよりも独身気分が抜けていなくて共に過ごす将来設計が考えられなくて離婚することに……。最後の最後に『契約社員でお金がないから慰謝料は払えないから!』と夫から言われたのが本当にムカつきましたね。さすがに私もそこで大人しく引き下がれないので、彼の唯一自慢だったアウディを売却させて慰謝料に当ててもらいました」  他には「夫がマザコンだった」「モラハラを受けた」という離婚理由もあった。様々な離婚の過去を持つ熟女キャバ嬢達。今、笑って話せているのは過去を振り返らずに前を向いて歩いているからなのかもしれない。<取材・文/カワノアユミ>
―[キャバ嬢に訊け]―
東京都出身。20代を歌舞伎町で過ごす、元キャバ嬢ライター。現在は夜の街を取材する傍ら、キャバ嬢たちの恋愛模様を調査する。アジアの日本人キャバクラに潜入就職した著書『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)が発売中。ツイッターアカウントは @ayumikawano
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白