ライフ

大分のキャバクラ嬢がコロナ感染。キャバクラの感染予防に不安の声…

学校休校で、昼も夜も働くことに…

 一方で、子供を持つシングルマザーの熟女キャバ嬢達からはこんな声があがっている。語ってくれたのは大阪の熟女キャバクラに勤務する夏菜子さん。
休校

写真はイメージです

「子供の学校がいきなり休校になって自宅待機と言われても、こっちは昼も夜も働かなきゃいけないんですよね。昼はシフト制なので、子供が学校に行っているときは昼過ぎまで寝ていられた。でもさすがに自宅待機となると寝てるわけにもいかない。ご飯も作らないと行けないし、ある程度勉強もさせないといけないし。  それに、いくら子供を自宅待機させたからって、私がキャバクラに出勤していたらどんなに気をつけても感染を防ぐのは難しいと思うんですよね。店で長期休みをもらうか、休校の間だけ実家で預かってもらうことも考えています。今回の報道で、キャバクラって感染するリスクが高いんじゃないかと、改めて不安を感じました」  様々な客に近距離で接客するキャバクラにおいて、感染を避けることのほうが難しいのかもしれない。とはいえ、キャバクラ嬢や黒服達にも生活がある。店を一時休業することは容易いことではないだろう。会社が飲み会を自粛したり、家庭持ちの男性客が行くのを控える他に手立てはないのか。<取材・文/カワノアユミ>
―[キャバ嬢に訊け]―
東京都出身。20代を歌舞伎町で過ごす、元キャバ嬢ライター。裏モノ・夜ネタを主に執筆。アジアの日本人キャバクラに潜入就職した著書『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)が発売中。ツイッターアカウントは @ayumikawano
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事